【SEO】Google、2021年最初のコア・アップデート「June 2021 Core Update」を開始 検索順位の変動に要注意

【SEO】Google、2021年最初のコア・アップデート「June 2021 Core Update」を開始

Googleの検索担当者であるダニー・サリバン氏は、2021年6月のコア・アップデートを発表し、来月には2021年7月のコア・アップデートも実施予定と公表した。

歴史的に見ても、Googleは数ヶ月に一度くらいの頻度でGoogleアルゴリズムのコア・アップデートをリリースしている。

前回のコア・アップデートである2020年12月のコア・アップデートからちょうど約6ヶ月が経過している。その前は、2020年5月4日に行われた2020年5月のコア・アップデートから7カ月だった。そのため、今回のアップデートはこれまでのアップデートに比べて展開に時間がかかっているが、今から約1ヶ月後にまたアップデートがあるという。

6月3日時点では、国内ではまだ大きな動きは見られないが、今後大きな順位変動が発生する可能性あるので、要注意。

2つのコア・アップデート

なぜGoogleは2つの異なるコア・アップデートを1ヶ月後に押し出しているのか。

Googleは、2021年6月のアップデートで予定していた改善点の一部が、今月中にリリースするには十分な準備ができていないと話している。

そこでGoogleは、今日準備ができた部分を先に進め、残りの部分は来月の2021年7月のコア・アップデートで押し出すことにした。2021年7月のコア・アップデートがいつリリースされるかについては、Googleが随時発表する。

「もちろん、どのようなコアアップデートでも、一部のコンテンツに低下や利益が生じる可能性があります。今回のリリースは2部構成になっているため、ごく一部のコンテンツでは、6月に変化があっても7月には逆転する可能性があります」とGoogleは述べている。

予想されること

Googleのアルゴリズムアップデートと同様に、ランキングは上がるかもしれないし、下がるかもしれないし、安定しているかもしれない。

しかし、2021年6月のコアアップデートで影響を受けた場合、2021年7月のコアアップデートでその影響が逆転する可能性がある。

Googleは、一般的にほとんどのサイトはアップデートに気づかないだろうと話しているが、多くのサイトを管理しているSEO担当者は、Googleの検索結果に多くの変化が現れる可能性が高いとされている。

また、このリリースは2段階になっているため、一部のコンテンツやサイトでは、2021年6月に変更された内容が2021年7月に逆転する可能性がある。

今回のアップデートは、すべての言語に影響を与えるグローバルなロールアウトとなり、ロールアウトには約2週間かかる。Googleは、ロールアウトが完了した時点で発表予定だが、それは6月中旬に予定されているページエクスペリエンスアップデートの前になるとの見方。

発表の内容

Googleのツイートは以下の通りです。

本日、年に数回行っている、広範なコア・アップデートをリリースします。これを「June 2021 Core Update」と呼びます。

【参考】

【関連記事】