GoogleはFlashコンテンツを無視し、SWFファイルのインデックスを廃止

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

Googleは今年中にFlashのサポートを終了する予定です。

HTMLページにFlashコンテンツが含まれている場合でもインデックスは作成されますが、GoogleFlashコンポーネントを無視します。ページ全体がFlashで構築されている場合(SWFファイル)、インデックスは作成されません。

そうは言っても、今日のウェブブラウザではFlashコンテンツはデフォルトで無効になっているので、ウェブページにFlashコンテンツを載せることは勧められません。Googleは技術的にはFlashを使ってウェブページのインデックスを作ることができるが、モバイルフレンドリーではないので検索結果の順位を上げることはしません。

かつてHTMLが制限されていた頃、Flashはウェブページに活気を与える手段として使われていました。サイトオーナーはリッチなアニメーション、メディア、その他のインタラクティブ要素を追加することができました。ピーク時には、Flash2013年後半だけで5億ダウンロードを記録した。

HTML5の機能が向上したことで、Flashの代替として利用できるようになりました。JavaScriptも容認できる代替手段だが、Googleは可能な限り避けることを推奨することが多いのが実情です。

同時に、Googleは発表の中でFlashの歴史に敬意を表しています。

Flashは、リッチなアニメーション、メディア、アクションを備えた退屈な静的Webに対する発展的な対応でした。それは、ウェブ上の多くの新しいコンテンツクリエーターにインスピレーションを与えた多作な技術でした。コンテンツを再生するFlashは、2013年後半に5億回インストールされ増した。」

Googleは、ほとんどのユーザーやウェブサイトはこの変更による影響を受けないと考えています。

参考

Google Will Ignore Flash Content on Websites & No Longer Index SWF Files

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事