Google、オートコンプリート予測の仕組みを説明

Google、オートコンプリート予測の仕組みを説明

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

Googleの検索広報担当サリバン氏は、オートコンプリートによる予測がどのように生成されるかを解説していたので、紹介します。

Google検索を使っている人なら誰でも、検索バーに単語が入力されるとすぐに予測が表示されるオートコンプリートを見たこと、利用したことがあると思います。

オートコンプリートによる予測は、ユーザーが必要な情報に迅速にアクセスできるようにすることで、ユーザーの時間を節約できるように設計されています。

Googleは先日、オートコンプリートの仕組みを説明しました。予測がどのように生成されるかについて特に詳しく説明されています。

オートコンプリートは役に立つように設計されていますが、必ずしもそうはいかないといいます。サリバン氏はまた、何も予測しない方が良い状況でGoogleが何をするかについても言及しています。

オートコンプリート予測はどこから来ているのか?

オートコンプリートによる予測は、ユーザーがGoogleに入力した実際の検索に基づいて自動的に生成されます。

予測を生成する際、Googleは4つの要素を考慮するといいます。

  • トレンド検索
  • 検索ユーザーの言語
  • 検索ユーザーの場所
  • 鮮度

Googleはまず、オートコンプリートによる予測を生成する際にトレンド検索を考慮しますが、最も一般的な予測だけを示すものではないと説明しています。

Google Autocomplete Predictions Explained

出典:Search Engine Journal

「これが最も基本的なレベルでの予測の仕組みです 」とサリバン氏は言います。

予測を個々の検索ユーザーにとってより関連性の高いものにするために、Googleは検索者の言語と場所も重要な要素としています。

米国の事例ですが、カリフォルニアの検索ユーザー (左) とカナダのオンタリオ州の検索ユーザー (右) で、「運転試験」の予測がどう違うかを見てみましょう。

Googleオートコンプリート予測の説明

出典:Search Engine Journal

ロングテールクエリは別の方法で処理されます。検索頻度が低いため、Googleはクエリ全体を予測するのではなく、クエリの一部を予測する場合があります。

Googleオートコンプリート予測の説明

出典:Search Engine Journal

「たとえば、特定のオブジェクトの「name of the thing at he front of(あるモノの前の部分の名前)」に対するクエリーが表示されない場合があります。しかし、私たちは「船の前面」、「船の前面」、「車の前部。」などのクエリをたくさん見ているので、誰かがタイプしているものの終わりに向けてこれらの予測を提供することができます。」

特定のトピックへの関心が高まっている場合、Googleは予測を生成する際に新鮮さを優先することもあるといいます。

「[our automated systems]は、関連する予測の中で最も一般的ではない場合でも、トレンド予測を示すことがあります。」

Sullivan氏は、オートコンプリートは最も一般的なクエリを示唆する以上のことをするように設計されていると強調しています。

オートコンプリートで候補が表示されない場合

Googleは、予期せぬ予測、ショッキングな予測、または信頼性の高いコンテンツにつながる可能性が低い予測を避けるための対策を講じているとしています。

Googleはこれらの問題に2つの方法で対処している。

  • 自動:システムは、役に立たず、ポリシーに違反する可能性のある予測が表示されないように設計されています。
  • 手動:Googleの自動システムがポリシーに違反する予測を見つけられなかった場合、ポリシーに従って予測を削除する専門のチームがいる。

オートコンプリートでは、暴力的、性的に露骨、憎悪的、軽蔑的、または危険な可能性のある用語やフレーズを認識した場合は、提案を行いません。

また、Google は、予測によって信頼性の低いコンテンツが返される可能性があると認識した場合、オートコンプリートが提案を行わないようにすることもあります。

ユーザーは何でも好きなものを検索できる

サリバン氏は、ユーザーは好きなものを自由に検索できると述べて、説明を締めくくっています。

Googleは、特定の状況でオートコンプリートが機能しないように設定している場合がありますが、実際の検索結果が表示されなくなることはないとしています。

【参考】

【関連記事】

MARKETIMES編集部
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事