Google、COVID-19情報のアクセス性向上を支援

googleコロナウイルス

Google は、COVID-19 の情報を検索結果でよりアクセスしやすくするために、医療機関を支援するためのいくつかの取り組みを開始しました。

これらの取り組みには、健康関連ウェブサイトのベストプラクティスガイドの作成や、健康関連組織専用の Google 検索サポートグループなどがあります。

健康関連ウェブサイトのベストプラクティス

医療機関が検索エンジン最適化を改善できるようにするための取り組みとして、Googleは、健康関連ウェブサイトのための新しいベストプラクティスガイドを公開しました。

ガイドには、以下のような情報が含まれています。

  • ユーザーが外出先からコンテンツにアクセスできるようにする方法
  • 良いページ内容とタイトルの重要性
  • コロナウイルス関連のクエリでサイトがどのように表示されるかを確認する方法
  • トップコロナウイルス関連のユーザークエリを分析する方法
  • FAQコンテンツに構造化データを追加する方法

健康関連ウェブサイトのGoogle検索サポートグループ

Googleは、COVID-19に関連する情報を公開する医療機関を支援することに焦点を当てた技術サポートグループを創設しました。

このグループは、検索関連の質問を支援することを目的としています。グループへのアクセスはGoogleの承認を必要とし、ケースバイケースで許可されます。まず、Googleが受け付けるのは、各国の保健省と米国の州レベルの機関に限られということです。

このフォームに入力してアクセスを要求できます。あなたが所属している医療機関のドメインでEメールを使って登録する必要があることに注意してください。この新しいサポートグループは、医療機関の緊急のニーズに対応するために創設されました。

Googleは、COVID-19が公衆衛生上の緊急事態と見なされなくなり次第、グループを非推奨にするとのことです。

【参考】

【関連記事】