Googleデータプライバシー

Googleはクッキーの制限とデータプライバシーにどう適応しているのか


この記事のタイトルとURLをコピーする

Googleはマーケティングプラットフォームであると同時に、自社のハードウェア、ソフトウェア、サービス、スマートホーム製品を販売するデジタルマーケティング企業でもある。このような状況で、同社は、すべてのデジタルマーケターが直面しているのと同じようなプライバシーとデータに制約された課題、すなわちGDPR、CCPA、ITPに直面している。

Googleは、クッキーデータと追跡の問題に同社自身がどう対処しているかを説明する記事を書いており、パーソナライズとプライバシーのバランスをとろうとしている。他のデジタルマーケターにとって有益な情報を提供することを目的としている。

Googleが直面しているマーケティング上の3つの課題

このプライバシー重視の新しい環境において、Googleは3つの基本的な課題を挙げている。

  • クッキーおよびサードパーティのデータ制限を強化した、対象ユーザーの設定とリストの作成
  • 広告のフリークエンシー(頻度):クッキーのデータがないにもかかわらず、広告が何度も表示されないようにすること
  • 利用可能なデータが少ない広告のパフォーマンスと属性

これらの問題に対応して、Googleは、直接データに大きく依存していると言っている。

「ユーザーがGoogle Storeのウェブサイトを訪問して特定の商品に興味を示し、必要に応じて同意を得た場合、われわれはそのデータを今後表示する広告に利用できる。」

機械学習と予測モデリング

また、機械学習と予測モデルを使って、ユーザーに広告を過剰に表示しないようにしている。同社は別のブログ投稿で、

「サードパーティーのクッキーが利用可能で、Google Ad Managerの広告掲載サイト全体に集約されたレベルでクッキーを[分析する]するトラフィックのパターンだ。..サードパーティのクッキーが存在しない場合のトラフィックパターンを予測するモデルを作成する。」

と説明している。

そしてGoogleが「広告のパーソナライズを支援するために、ユーザーの興味や好みを正確に判断する。」ことができないとき、コンテキストを使って広告とコンテンツをマッチさせる。

Googleのコンテキストターゲット広告

Googleパーソナライズ広告

Googe Home Miniの広告の見出しは、ページのコンテンツに適合します。

この記事では、Guardianのウェブサイトに掲載されたGoogle Home Miniの広告の例を使っている。食品売り場に広告が表示された。Googleは記事のテキストを分析し、ページの内容に合わせて広告コピーを変更した。

Googleは、プライバシー、規制、将来の変更が同社のマーケティング能力と戦術にどのような影響を与えるかに焦点を当てた社内チームを結成したとも述べている。

なぜ注目すべきか

ある意味で、Googleは他のすべての企業と同じ立場にある。同社は投稿の中で、多くのデジタルマーケターが今日感じている不確実性を表現している。

「私たちはさらなる変化を期待しており、私たちのデジタルマーケティング手法がどの程度発展する必要があるのかは完全には明らかではない。」

しかしながら、Googleは世界最大のデジタルメディア企業でもあり、来るべきプライバシーの嵐を乗り切るために、他では共有されていない、広範囲の規模、データ、技術の利点を持っている。

【参考】

【関連記事】

この記事のタイトルとURLをコピーする

同じカテゴリーの記事