無料の資料掲載・リード獲得し放題サービスはこちら
『MARKETIMES』は、広告収益による運営を行っております。複数の企業と提携し、情報を提供しており、当サイトを通じてリンクのクリックや商品・サービスに関する申し込みが行われた際、提携する企業から報酬を得ることがあります。しかし、サイト内のランキングやサービスの評価について、協力関係や報酬の有無が影響することは一切ありません。
さらに、当サイトの収益は、訪問者の皆様に更に有益な情報を提供するため、情報の質の向上やランキングの正確性の強化に使用されています。

Google Chrome 、バッテリーやデータを大量に消費するディスプレイ広告を取り締まりへ

Google Chomeの広告ブロック

今回の動きは、「迷惑な」広告がブラウザに読み込まれないようにする取り組みに続くものである。

GoogleはChromeブラウザにて、2020年8月末頃からリソースを多く使用する広告をブロックし始めると発表した。

不適切にプログラムされた広告、ネットワークに最適化されていない広告、暗号通貨 (mine cryptocurrency) が ユーザーのデバイスに影響を与える可能性があるという。またネットワークデータを浪費し、バッテリーを消耗させているという。

何が起こるのか

Chromeは、ユーザーが利用する前にディスプレイ広告が使用できるリソースを制限する。広告がリソース制限を超えると、ChromeはHeavy Ad Interventionと呼ばれるメカニズムを使用して広告を読み込まない処理をする。下の例に示すように、広告の代わりに「Ad removed」などのメッセージが表示されるという。

Chromeは、ユーザーが利用する前にディスプレイ広告が使用できるリソースを制限

リソースの閾値(しきいち)

Chromeは、ネットワークデータが4 MBであるか、任意の30秒間に15秒のCPU使用率であるか、または総CPU使用率が60秒であるかの閾値(しきいち)に基づいて広告をフィルタリングする。

注目すべき理由

今回の動きは、 「Better Ads Standards」 に基づき、Chromeで特定の広告がサイトに読み込まれるのをフィルタリングまたはブロックする取り組みに続くものである。この変更によって影響を受ける広告主はほとんどいないとしている。

【参考】