Google、BERTを活用した検索結果のトップストーリーを提供開始

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

Googleは現在、BERTモデルを他の機械学習技術と併用して、関連するニュース記事をグループ化してまとめている。

BERTによって生成された新しいカルーセルは、Google検索のトップストーリーセクションに表示される。これは、ユーザーが特定のニュース記事に関連する最適な記事を簡単に見つけられるように設計されている。

Googleの検索プロダクト・マネージャー、Duncan Osbornは次のように述べている。

「タイムリーなトピックに関する情報を検索すると、検索結果の上部に関連ニュースを強調した記事のカルーセルが表示されます。検索に関連する記事が複数ある場合は、検索結果を記事ごとに整理して、最も関連性の高い記事を簡単に理解できるようにします。また、どの記事を検索するかについて、より多くの情報に基づいて決定できるようにします。」

最新の記事に加えて、Googleの新しいトップストーリーカルーセルは、与えられたストーリーにより多くのコンテキストなどを提供するのに役立つ他のコンテンツを提示する。

たとえば、「NASAのニュースは」を検索すると、「米航空宇宙局、月面探査に5社を追加」や「NASAが木星の衛星エウロパで水蒸気を検出」などの個別のニュース記事にグループ化された結果と、その下部に追加の結果が表示される場合がある。

Googleはさらに、機械学習を使ってこれらの結果を得る方法を説明している。

「この新しい体験を強化するために、私たちは新しいストーリー理解技術を開発しました、ニュース記事に関係する人、場所、物を地図化し、それらの間のつながりを描くために。この技術によってニュース記事のグループを作ることができます。

Googleの調査によると、結果を明確に定義された記事にまとめることは、ユーザーがニュース記事の検索結果をナビゲートし、最も関連性の高いコンテンツを見つけるのに役立つという。

最後に、トップストーリカルーセルには注目すべき引用や関連する記事の選択などの補助的な情報が含まれる。Googleによると、これらの変更は、検索結果でユーザーに表示するニュース報道の種類を拡大する長期的な取り組みの一環だという。

これらのアップデートは今日から米国英語の検索結果でモバイルデバイスに表示され、今後数ヶ月のうちに他の言語や地域にも展開される。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事