Googleの「AMP for Email」とは?Eメールでは実際にどう見える?動的なEメール例と開発・作成方法をご紹介

AMP for Email

GoogleのAMP for Emailとは?

Googleが 3月末に正式に開始したAMP for Emailは、静的なテキストから動的なWebページのような動きをEメールで実現するための技術を指します。AMP for Email はGmailに登場していますが、Yahoo Mail(TechCrunchと親会社を共有している)、Outlook、Mail.ruなどの他の主要なEメールプロバイダーもAMP for Emailをサポートする予定。

GoogleはAMP for Emailのプロジェクトに非常に長い時間をかけていました。このプロジェクトを成功させるのは、非常に多くのバックエンドの開発が必要でした。AMP for Emailの目的は、今ままでの情報をただ伝えるEメールを、情報を伝えるだけでなく、実際にEメールの中でユーザーのアクションを可能にし、Eメール内でのチャットや、旅行の予約、飲食の宅配予約などが可能になります。EメールからWebサイトのページへ飛ぶのではなく、Eメール内ですべてを完結させるという思想です。

Gmailのプロダクトマネージャ、Aakash Sahney氏は下記のように述べています。

過去10年間で、静的なフラットコンテンツからインタラクティブなアプリケーションへと進化する中で、私たちのWebエクスペリエンスは大きく変わりましたが、電子メールは静的メッセージとほとんど変わらず、最終的には時代遅れになりました。 (Gmailのプロダクトマネージャ、Aakash Sahney氏)

AMP for Emailを実装した実際のEメールの表示例

格安ホテル予約サービス「OYO」のAMP for Emailを実装したEメール表示例

AMP for Emailを使用すると、これらのメッセージはインタラクティブになります。つまり、WebベースのEメールクライアントを離れることなく、メッセージから直接イベントへの返信、アンケートへの記入、店舗の在庫の閲覧、コメントへの返信ができるということです。

すでにこの新しいフォーマットをサポートしている企業の中には、 Booking.com、  Despegar、 Doodle、  Ecwid、Freshworks、Nexxt、OYO Rooms、Pinterest、およびredBusがあります。これらの会社から定期的にEメールを受信して​​いる場合は、今後数週間以内にこれらのブランドからAMP for Emailに対応したメルマガが届く可能性があります。

開発者にとって、このフォーマットのサポートは、特にAMPページを作成した経験がある場合には、かなり簡単なはずです。このフォーマットは、カルーセル、フォーム、リストなど、人気のあるAMPマークアップ機能を数多くサポートしています。

最初の発表以来、GoogleはAMP for Emailを彼らのプラットフォームでサポートする多数のパートナーを獲得しています。Eメール配信および分析プラットフォームのSparkPost社、Eメール設計およびマーケティングツールのLitmus社、Twilio Sendgrid社、AmazonのSESおよびPinpoint社が含まれます。

 

Eメール内での動的なメッセージやりとりのEメール表示例

 

AMP for Emailを実装したEメールを開発・作成する方法

Gmail内でメールにAMPを使用するには、次の手順を実行する必要があります。

  1. AMPコンポーネントをEメールに実装して作成します。AMP開発者向け資料参照してください 。Eメールを作成するときは、認証リクエストを適切に処理するようにする必要があります。
    AMP開発者向け資料

    AMP開発者向け資料

  2. Eメールをテストして、必要な外観と動作を確認します。
  3. 動的メールを受信者に送信する準備が整ったらGoogleに登録する必要があります。

出典:AMP for Gmail

AMP for Gmail

AMP for Gmail

参考


MARKETIMES編集部

MARKETIMES編集部

MARKETIMESを運営する編集部。国内や海外のデジタルマーケティング情報を中心にノウハウや事例、調査データなど幅広くご紹介しています。

関連記事

  1. iOS13、ダークモード、そしてAppleの新しいiPhone:Eメールマーケターが知っておくべきこと

    iOS13、ダークモード、そしてAppleの新しいiPhoneについてEメールマーケターが知っておくべきこと

  2. タイのデジタルマーケティング戦略の状況

    タイのマーケティング担当者はどのように顧客体験をパーソナライズ化しているのか?

  3. Webプッシュ通知とEメールマーケティングの効果の違い

    Webプッシュ通知の効果はEメールマーケティングの5倍高い インフォグラフィック

  4. Eメールマーケティングの調査データ

    Eメールマーケティングの最新動向や法則が分かる35の調査データ

  5. プリヘッダーテキストとは何か?メルマガで開封率を向上させるための方法を解説

  6. メルマガ開封率・クリック率調査データ

    メルマガ平均開封率・クリック率データ|業界別・会社規模別のEメールマーケティング調査データ 2018

  7. 売れてるECサイトは「18時台」にメルマガを配信する

  8. IPウォームアップ(IPウォーミング)

    IPウォームアップとは?Eメールの大量配信を実現する送信者評価の向上と具体的な方法

  9. Amazon”プライムデー”でも活躍、日本発「emoji」がメルマガを席巻する?

marketimes_member_banner



ニュースレター登録

最新記事

  1. amazon-search-ad
  2. ソーシャルメディア広告費が印刷広告費を初めて上回る
  3. デジタルが旅行マーケティング与える影響
  4. マーケティングとブランディングのち外

今週の人気記事

  1. CDPのアイキャッチ
  2. iOS13、ダークモード、そしてAppleの新しいiPhone:Eメールマーケターが知っておくべきこと
  3. H1は有用だが重要ではない
  4. 混合コンテンツのブロック




PAGE TOP