グローバルサイトとローカルサイトはどちらが良いか?

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

グローバルSEOに関して言えば、ジオターゲティング思いつくでしょう。正しく実装されていないと、ジオターゲティングはグローバルサイトにとって大きな頭痛の種になります。

ドメインやホスティングの場所からローカリゼーション、検索機能、IP検出に至るまで、ジオターゲティングは通常、技術的なSEOの観点から、Googleやその他の検索エンジンがWebサイトのターゲットの場所をどのように判断するかという観点から議論されます。

しかし、私たちは検索エンジンのためのウェブサイトを作りません。私たちは、ユーザーにリーチしたいと思ってウェブサイトを作ります。グローバルなWebサイトを利用して、さまざまな国のユーザーにアクセスし、交流したいと考えています。

それを達成するために、ウェブサイトの所有者は、法律や規制に留意し、最も重要なことに、従わなければならなりません。

これらの規制と、マーケットごとに異なる独自の興味や行動パターンを組み合わせる場合、グローバルWebサイトが既存のローカルWebサイトに対抗できるようになるには、さらに多くの時間がかかります。

データプライバシー関連法

世界中のさまざまな国でビジネスを行うためのすべての法律や規制を列挙することは不可能です。しかし、ウェブサイト所有者が注意を払うべき最も重要な法律と規制は、次の2つです。

  • プライバシーとデータ保護
  • Webサイトのアクセシビリティ

前述したように、各地域、国、または州が独自に設定することができ、広範なポリシー、ガイダンス、法律、またはその他の種類の規制を設定できます。

すべてのWebサイトに適用されるものもあれば、政府や公共部門など特定の範囲のWebサイトに適用されるものもあります。

EU

EUの一般的なデータ保護規制(全二重)は、プライバシーとデータ保護に関する規制として最もよく取り上げられています。EU域内の個人に関連する個人データの個人、企業、または組織による処理を規制します。

カリフォルニア州

カリフォルニア州では、California Consumer Privacy Act(CCPA)が可決された。多くの企業は、他の州もこれに追随し、近い将来、同様のプライバシー法が制定されることを期待している。

一部のサイトでは、アクセス場所に関係なくすべてのユーザーにCookie承諾メッセージを表示してすでに応答しています。

日本

個人情報の保護に関する法律は、2005年に我が国で初めて制定され、2016年に大幅な改正が行われ、2017年から全面施行されており、ホームページにおいて、プライバシーポリシー等の掲示を義務付けています。

また、電子商取引サイトには、商取引法に定められた情報を掲載することが義務付けられています。

ウェブサイトが米国で運営されている場合でも、特に日本に物理的な拠点を持っている場合は、日本のウェブサイトはこれらの規制を満たす必要があります。

Apple Inc. U.S. Website Footer

プライバシーポリシー表記例

Apple Inc. U.K. Website Footer

日本のプライバシーポリシー例

Apple Inc. Japan Website Footer

中国のプライバシーポリシー例

Apple Inc. China Website Footer

上の画像は、米国、英国、日本、中国にあるAppleのウェブサイトのフッターからのものです。

イギリスのサイトには、標準的なプライバシーポリシーに加えて、GDPRに関連するクッキーの使用に関するページがあります。

中国のサイトでは、中国の規制で要求されているように、フッターリンクの下にウェブサイトの登録番号が表示されます。

アクセシビリティ関連法

先月、米国障害者法(エイダ)が、Taco Bellに対する連邦訴訟で大きく報道された。これはレストランには不利だったが、多くのウェブサイト運営者の注目を集めました。

現在、米国連邦政府機関のためのITアクセシビリティ法と政策があり、Information and Communication Technology Standards and Guidelinesを含む一般的に考慮されるべきいくつかのガイドラインと標準があります。

ADAは、ウェブサイトを含む公共部門と民間部門の両方に適用される。ウェブサイトのアクセシビリティに関しては、多くの点が、障害のある人だけでなく、すべてのウェブサイト利用者の総合的なユーザーエクスペリエンスを向上させるでしょう。

カナダ、中国、EU、日本、英国など多くの国や地域では、Webコンテンツへのアクセスが必須のポリシーとなっています。

W3Cには、Webアクセシビリティに関する法律とポリシーについての優れた概要と国別の情報があります。

データおよびプライバシーに関する法律や規制と同様に、アクセシビリティに関する要件は国によって異なります。

Webサイトの所有者にとっては、特にグローバルなサイトの所有者にとって、急速に変化する要件に対応することがますます重要になっています。それらに従わないと、財務的にコストがかかり、ブランドイメージに悪影響を及ぼす可能性があります。

ローカルトレンドと競合他社

eコマースサイトでは、注文に対する支払い方法も国によって異なります。交換と返品政策も国によって違います。これらの違いがサイト全体に影響するわけではありませんが、顧客がショッピングカートを放棄する原因になる可能性があります。

地域の利害の違いは、ウェブサイトのコンテンツにも反映されています。多くの場合、グローバルサイトのコンテンツは本社の国によって決定されますが、ローカルの競合Webサイトには、ローカルユーザーの特定の興味を満たすように設計されたコンテンツがあります。

ローカル検索者の意図を満足させることができないことは、グローバルWebサイトに大きなビジネス機会の損失をもたらす可能性があります。

GoogleがBERTを開始した今、ローカライズが不十分で、地域向けに書かれていないコンテンツは、検索結果でも競争力を失うことでしょう。

Google検索でのショッピング表示例(米国)

Google検索でのショッピング表示例(日本)

(現地の関心を反映した製品画像:米国および日本「冬用ブーツレザー」Google検索結果)

1つのグローバルサイト vs 複数のローカルサイト

すべての国のWebサイトに対して同じWebページテンプレートを使用して、1つのドメイン内にグローバルサイトがある場合は、すべての関係する国の必須の規制ポイントの一覧を作成し、対象国に関係なくそれらを実装します。

これは大変な作業のように思われますが、チームの規模が小さい場合や、各国にチームがない場合は、すべての拠点をカバーするのに最適な選択肢です。

この場合、法律や規則は随時更新されているので、その見直しや遵守に責任を持つ人がいると助かります。

次の場合は、対象国ごとに個別のWebサイトを作成することを検討してください。

Webサイトの管理には、各国のチームメンバーが多数必要です。それを支えるのに十分な予算や法律や規制が類似している地域、またはユーザーや文化の傾向が類似している地域によってサイトを分割した場合でも、柔軟性が向上し、コンプライアンスが向上し、地域の利用者向けに適切に設計されます。

例えば、EU市場向けに設定された1つのドメインの下で、EU内に複数の国と言語のサイトを設定する代わりに、EU内の各国の特定のオーディエンス向けのWebサイトのデザインとコンテンツを管理する方がおそらく簡単です。

中南米の国々は、複数の国のサイトを持つ1つのドメインで機能する別のターゲット市場である可能性があります。

Baiduの能力とアルゴリズムから接続速度、ウェブサイト登録ポリシー、サイバーセキュリティ法(a.k.a.「万里のファイアウォール」)に至るまで、中国市場の複数の特徴を考慮すると、中国を重要な市場の一つと考える多くの企業のために別の中国のウェブサイトを作ることは理にかなっているかもしれない。

別のWebサイトがある場合は、ダウンロード速度を向上させるために、その国でWebサイトをホストできます。

中国政府に登録されたウェブサイトでccTLDを入手し、中国の視聴者向けに特別にデザインされたコンテンツを提供する方が簡単です。

まとめ

対象国ごとに個別のWebサイトを用意することで、現地の法律やポリシーに準拠し、コンテンツやWebサイトの設計に現地の関心を反映するための、より多くのオプションと柔軟性が提供されます。

また、多くのグローバルなウェブサイト運営者にとって最大の懸念の1つであるSEOのジオターゲティングにも適している。ただし、オーバーヘッドコストが増加します。

1つのドメインのグローバルサイトで、地域の法律やポリシーを満たすことは不可能ではありません。

Appleをはじめとするいくつかのグローバル企業が行っているように、さまざまなWebサイトのデザインでも、地域独自のコンテンツを提供することができます。

いずれにしても、サイト所有者は要件を把握し、さまざまな地域の関心を理解して、どのウェブサイトのセットアップが自分にとってより良い選択肢であるかを判断できるようにすることをお勧めします。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事