第5回 Marke Media Days 申込受付中!

ジオコード、組織変更および人事異動を発表 オーガニックマーケティングを推進・強化

ジオコード、組織変更および人事異動を発表 オーガニックマーケティングを推進・強化

株式会社ジオコードは、以下のとおり組織変更および人事異動を行い、2021年3月1日から新事業年度をスタートしたこと発表した。

組織変更の背景

組織変更の背景

ジオコードは、2021年3月スタートの新事業年度から、以下の各事項を重点施策として、今まで以上に積極的に取り組み、推進していく。

  1. 創業以来の主力サービスであるSEO対策にWebサイト制作を融合し、検索エンジン経由での自然なアクセスアップから成約率の改善までをワンストップで提供する「オーガニックマーケティング」(注) へとサービス内容を進化・発展させる。
  2. クラウド営業支援ツール「ネクストSFA」の新機能開発を進めるとともに、セールステック活用によるデジタルトランスフォーメーション(DX)推進に寄与する。
  3. 地域金融機関や大手企業との連携強化を進め、ターゲット市場の地理的拡大を図るとともに、Web活用による地域経済の活性化に寄与する。

(注)「オーガニックマーケティング」とは、広告を使わず主にGoogle、Yahoo! JAPANなどの検索エンジン経由でのアクセスアップから成約へと結び付けるマーケティング手法です。広告の場合は、一度止めてしまうと成果も止まってしまいますが、オーガニックマーケティングによって課題を完全に解決したWebサイトでは、一般に2~3年は追加費用がかからずにマーケティング効果が継続すると言われています。

同社ではこれまで、プロフィット部門を、営業部、運用部、システム部と機能別の3つの部門で構成していたが、上記重点施策に適合し、実行可能性を高めるために、今回の組織変更において以下の5つの部門に再編した。

なお、管理系部門(管理部、経営企画室、内部監査室)については、従来の組織体制から変更はない。

営業推進部

関西支社、静岡営業所、地域金融機関等と連携した地方創生に関する取り組みを統括。従来の営業部の中からターゲット市場の地理的拡大を図る組織を抽出し、事業管掌取締役の坂従が部長を兼務することで中長期的視点に立って各地域の潜在的な販路の拡大を推進していく。なお、関西支社では、営業活動の他、主に西日本エリアのSEO対策および広告運用代行業務を担当する。

オーガニックマーケティング コンサル部

営業担当やSEOディレクター、Webディレクターがチームを組み、SEO対策からWebサイト制作までのオーガニックマーケティングに関するコンサルティング業務を遂行するために新設した部門。これまで職種別に分かれていたフロント担当メンバーがチームを組むことで、より効率的・効果的な提案や顧客サポートの充実が可能となる。

オーガニックマーケティング 運用部

フロントエンドエンジニアが所属するフロントエンド課、自社のマーケティングを担うマーケティング課をはじめ、部門直属のデザイナーチーム、ライターチーム、サポートチームを擁し、顧客のWebサイトや自社Webサイトの運用業務全般を担当する新設部門。主にWebサイトの見た目や使いやすさ(UI/UX)の改善やデザイン、コンテンツの企画や作成などを行います。オーガニックマーケティングに関するコンサルティング業務の裏方的な組織となる。

Web広告部

SEMコンサルタントが顧客の広告運用を代行するWeb広告課と、新設した広告営業課で構成する部門。今回の組織変更によって運用と営業を今まで以上に一体的に機能させることが可能となり、Web広告運用からのアップセル・クロスセルの促進を図っていく。

システム部

従来システム部は、社内インフラの管理・運用・保守を担う情報システム課とクラウド型業務支援ツール(営業支援ツール「ネクストSFA」と勤怠管理・交通費精算・経費精算ツール「ネクストICカード」)のシステム開発を行うクラウド開発課で構成していたが、クラウド型業務支援ツールの営業からカスタマーサクセスおよびサポートを担うクラウド営業課を新設した。

今回の組織変更により、クラウド型業務支援ツールの開発と営業・保守を今まで以上に一体的に機能させることが可能となり、従来のクラウド事業をクラウドセールステック事業へと昇華させ、当社が今後の重点施策とする「ネクストSFA」の新機能開発の推進と販売強化の実効性を高め、セールステック活用によるDX推進に積極的に取り組んでいく。

【プレスリリース】

【関連記事】