Webマーケティングスクールおすすめ特集

フォーム作成管理ツール「formrun」、テンプレートを40種類に拡大

フォーム作成管理ツール「formrun」、テンプレートを40種類に拡大

株式会社ベーシックは、フォーム作成管理ツール「formrun」が、フォームテンプレートを40種類へ増加したこと、および選択したフォームテンプレートに応じて、フォームへの回答を管理するボード画面のステータスが自動で設定され、フォームの作成完了と同時にフォーム回答受付後の対応フロー構築が可能になったことを発表した。

formrunは、フォーム作成からフォームに入力された顧客情報の管理までを行うことができるツール。

多種多様なテンプレートにより誰でも簡単にセキュリティ性を担保したフォームを作成することができる。また、フォームから送信された顧客情報をステータス毎にチームで管理可能なボード画面や、複数人で利用できるメール機能により、ユーザーの顧客獲得やコミュニケーション構築に貢献し、業務効率の向上を支援している。

今回のアップデートにより、フォームテンプレートの種類が25種類から40種類に増え、様々な実務に沿ったフォームを編集せずに作成可能となった。

また、こちらのアップデートに合わせて、フォームに入力された顧客情報の管理に役立つボード画面のステータス管理について、従来はユーザー自身でステータス項目の編集が必要だったが、テンプレートをもとに作成した全てのフォームにてステータスがデフォルトで設定されるようになり、フォームを作成したのち、すぐにフォーム回答受付後のフローを構築することが可能となった。

従来必要となっていたフォーム回答受付後の対応フローにおいて、ユーザーが0から構築する必要がなくなり、フォームを通じて得た顧客情報の管理を、これからはスムーズに行えるようになる。

 

広報窓口のフォームテンプレートを選んだ際に生成されるボード画面

広報窓口のフォームテンプレートを選んだ際に生成されるボード画面

【プレスリリース】

【関連記事】