• HOME
  • CATEGORY
  • ニュース
  • 【副業実態調査】本業先への副業届出は50%、副業は「友人経由」「友人の会社経由」が半数以上
【副業実態調査】本業先への副業届出は50%、55%がセキュリティ教育を受けずに副業実施

【副業実態調査】本業先への副業届出は50%、副業は「友人経由」「友人の会社経由」が半数以上

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

「企業と従業員が安心安全にダブルワークを認め合える日常を作る」をミッションに日本初のクラウド型副業制度サービス「フクスケ」を提供する株式会社フクスケは、副業実態調査第二弾を実施した。

今回の調査は、前回の調査で「就業者の26%が会社の許可をとらない副業(伏業)経験者」という結果が得られている。

そこから、同社は「なぜ副業の届出しないのかの理由」や「現状の制度不全原因を調査」、「副業者に潜む潜在リスク」など、副業者に関してより詳しい実態を調査をした。

調査を通じ、副業者が実際に抱える問題をはじめ、企業として副業者に対し、どのように対応していかなければいけないのかを、より具体的な指標とともに提示していく内容である。

エグゼクティブ・サマリー

副業経験者の50%が会社に副業を届出

  • 副業制度があるにもかかわらず伏業する人は25%
  • 副業経験者が所属する会社の半数以上は副業制度が存在しない

副業経験者の50%が会社に副業を届出 副業制度があるにもかかわらず伏業する人は25% 副業経験者が所属する会社の半数以上は副業制度が存在しない

会社に副業を届出しない理由

【1位】「プライベートでの副業を知られたくい」
【2位】「制度告知されていない」
【3位】「本業先が副業を解禁していないため」

 

副業者におけるリテラシー調査結果

情報セキュリティ編

  • 半数以上がセキュリティ研修を受けていない
  • 副業状態で研修も受けてない人は70%以上

副業者におけるリテラシー調査結果半数以上がセキュリティ研修を受けていない 副業状態で研修も受けてない人は70%以上

法務編

  • 契約書、NDA、反社チェック実施度は半数以下

法務編:契約書、NDA、反社チェック実施度は半数以下

副業のきっかけや動機

  • 副業は「友人経由」「友人の会社経由」が半数以上

副業のきっかけや動機:副業は「友人経由」「友人の会社経由」が半数以上

【副業実態調査概要】

  • 調査期間:2020年8月24日-8月29日
  • 対象:副業経験のある会社員(22歳-50歳)
  • サンプル数:600サンプル
  • 主な調査項目:副業制度の有無や届出、副業に関する知識、副業の経路、副業時の契約、税務周り、情報の利用について
  • インターネットリサーチ調査

【プレスリリース】

MARKETIMES編集部
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事