2020年のEメールマーケティングを形作る3つのトレンド

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

eMarketerの新しいレポートによると、2020年のEメールマーケティングのトレンドが明らかになった。

マーケティング担当者、特にEメールマーケティングを来年利用する小売業者のために、何を最優先すべきかを以下に示す。

パーソナライゼーション

パーソナライゼーションは、マーケティングコミュニケーション全体の主要トレンドとして認識されていますが、ほとんどのEメールはまだ受信者に合わせたパーソナライゼーションが進んでいません。

調査のために小売店のEメールを追跡しているクロスチャンネルのパーソナライズソフトウェア企業のSmarterHQ社は、8月にWalmartから受け取った25通のEメールのうち、たった一通だけが行動に基づいてパーソナライズされていたことを発見した。

これに対し、Targetは、8月に合計41通の行動をベースにパーソナライズされたEメールを23通送信した。

SmarterHQのCEO兼社長であるMichael Osborneは、なぜ小売業者がパーソナライゼーションで遅れをとっているのかを説明している。

「難しいと感じるか、いつものやり方にはまってしまうかのどちらかだ。長期的には顧客基盤とロイヤルティに悪影響を及ぼすとしても、収益の増加分はすべて重要です。」

消費者プライバシー規制

EUの一般データ保護規則(GDPR)や米国のカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)などの最近の消費者データ規制は、2020年のEメールマーケティングプログラムに確実に影響を与えます。

これは、パーソナライズに関する前のセクションでは、パーソナライズされたEメール通信を送信するために必要な同意に影響するため、特に当てはまります。

さらに、マーケティング担当者が、ある個人の測定データを他のチャネルを通じて同じ個人のデータに結び付けることによって、Eメールプログラムの結果を測定している場合、その同意も必要になります。

頻度

顧客はEメールの頻度をもっとコントロールしたいと思っているが、その期待に応えていると答えた小売業者はわずか10%だった。

Eメール配信頻度のアンケートデータ

レポートのインタビューによると、Eメールマーケティングを実践している人のほとんどが、ある種のデータドリブンアプローチによってメッセージ頻度を決定している。

一般的に、マーケティング担当者は、より少ないメールが最も効果的であることに同意する傾向があります。頻度は個人のお客様によると思いますが、全体的に満足度が向上しそうですね。

参考

New Report Reveals the 3 Trends Shaping Email Marketing in 2020

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事