2020年のECサイトSEOポイント

ECサイトのSEOで重要な10のポイントを解説【2020年版】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

新しい10年を目前に控え、今こそeコマースサイトのSEO戦略を見直す絶好の機会です。

Google、Bing、Yahooの検索は、買い物客があなたのサイトにたどり着くまでの道のりの始まりであり、適切なSEOは、発見性が高くなり、同時に競合優位性が高くなります。

SEOの世界は、特にeコマースサイトのためのナビゲーションが非常に複雑になることがありますが、以下のチェックリストは、特に重要なポイントなりますので、覚えておいてください。

ECサイトのテクニカルSEOチェックリスト

テクニカルSEOは、成功するSEO戦略の基礎となるものです。以下のステップを踏んで、テクニカルSEOを確実に成功させましょう。

Webサイトをクロールしてインデックス化できるようにする

検索エンジンがWebサイトをクロールできない場合、コンテンツをランク付けできません。

具体的には、検索結果で商品をランク付けすることはできないということです。

ウェブサイトのインデックス、クロール、スピード、コンテンツ、構造化マークアップ、そして全体的な使いやすさは、すべてテクニカルSEOの必須要素です。

これらの要素が正しく設定されていれば、eコマースのSEO戦略はより効果的な施策になるでしょう。

4XXエラーが発生したページの解決

Google検索コンソールは、あらゆるウェブサイトにとって非常に便利なツールです。

サイトが検証されたら、最初のステップとして、エラーが発生したページに対処する必要があります。

これらは壊れたページでGoogleがクロールできないもので、サイトマップが古くなっていたり、製品が在庫切れだったり、一時的なサーバーエラーが原因であることが多いです。

除外ページをダブルチェック

また、Googleはrobots.txtファイルのコードのためにそれらをインデックスすることができないので、除外されたページもチェックしておきましょう。

このリストは多くの場合、カートや顧客プロフィールページなど、検索エンジンがとにかくクロールしたくないページで構成されていますが、重要なページがクローラーからブロックされていないことを確認するために、ダブルチェックする必要があります。

構造化マークアップを追加する

構造化マークアップとは、Googleが検索結果ページに価格、評価、在庫状況、その他の製品の詳細を右に表示できるようにするHTMLタグのバッチです。

ウェブサイトに追加するのは簡単で、不可欠な対応です。

これにより、検索結果の最初のページやGoogleのショッピングタブであなたの商品がより魅力的に表示されるようになります。

現在の構造化マークアップの設定は、Google Search Console のレポート内で確認できます。

ECサイトのキーワードチェックリスト

テクニカルSEOが健全なものになったら、現在のキーワードを評価して、どのページがランキングされているかを確認してみましょう。

特定のキーワードをターゲットにした、売上に直結するキーワード

eコマースビジネスのオーナーが行う最大の間違いの一つは、間違ったキーワードをターゲットにしていることです。

ビッグワードは検索ボリュームが多く、ターゲットとしたくなりがちですが、実際にECサイトにおける購買に結びつきにくい傾向があります。

コンバージョンをもたらすより具体的な、ロングテールの低検索ボリュームのキーワードです。

より具体的なキーワードであれば、商品ページに直接つながり、検索ユーザーは探しているものを正確に見つけることができます。

キーワードの意図を重視する

ターゲティングするキーワードが正しい検索ユーザーの意図を反映していることを確認する必要があります。

Google の RankBrain は、検索クエリが情報型なのかトランザクショナル型なのかを判断するのに役立ちます。eコマースサイトでは、トランザクションキーワードをターゲットにしていることを確認したいものです。

特定のキーワードのタイプを特定するには、そのキーワードをシークレットウィンドウで検索して、どのような結果が表示されるかを確認します。

検索クエリが主に製品ページに誘導している場合は、正しい道を歩んでいることになります。

自分と競争しない

トランザクションや販売促進型のキーワードがわかったら、複数のページが同じ用語でランキングされていないことを確認してみましょう。

2つのページが特定のクエリに対してランキングされている場合、Googleはどちらを最初に表示すべきか、または全く分からなくなります。

トランザクションキーワードの調査に労力を費やしても、ユーザーが商品ページではなくホームページに誘導されてしまうのは避けたいものです。

Google Search Consoleでは、ウェブサイトのページのランキングポジション、クリック数、インプレッション数、CTRを表示し、特定のキーワードとの競合がないかどうかを判断することができます。

ECサイトのコンテンツチェックリスト

長くて詳細なコンテンツは、最初はeコマースサイトとしての最優先事項ではないかもしれませんが、それが後回しにされてしまうと、ランキングに問題が発生する可能性があります。

重複したコンテンツを避ける

Googleは、ユニークで高品質なコンテンツを継続的に推奨しており、重複したコンテンツを持つウェブサイトは、その代償を支払うことになる。

もしページの情報の60%が他のページと一致している場合、Googleはそれを重複しているとみなすことができます。

eコマースの観点から見ると、同じ商品でも色やサイズが異なる商品ページがある場合、それらのページは重複しているとみなされる可能性があります。

これらのオプションをすべて1つのページに統合することで、この問題を解決するだけでなく、ウェブサイトが、ユーザーフレンドリーであることを証明することができます。

あらゆる薄いコンテンツを改善する

また、Googleはコンテンツの薄いページにも目を光らせています。

商品ページに詳細な説明と商品に特化した画像が含まれていない場合、インデックスされない可能性があります。

その理由は、提供する情報が少ないため、Googleはそのページがユーザーの検索意図を満足させるとは考えていないからです。

商品の説明、画像、スペック、その他の必須情報がすべて明確に定義されており、訪問者が利用できるようにするために、改善しましょう。

モバイルファーストインデックス対応

Googleは現在、ウェブサイトの少なくとも90%で、デスクトップ版ではなく、モバイルサイトのコンテンツに基づいてランキングを決定するために、モバイルファーストのインデックスを使用しています。

モバイル検索の数がデスクトップ検索の数を大きく上回っているため、ウェブサイトや製品がこれらのデバイスに最適化されていることを確認する必要があります。

購入意向のある人が効果的に製品を見つけることができるように、モバイルサイトには詳細で目に見えるコンテンツがあることを確認してください。

これに取り組むための最良の方法は、レスポンシブなeコマースのウェブサイトを持つことです。

これにより、あなたのサイトがユーザーデバイスの画面サイズに適応し、モバイルファーストインデックス化を実現できます。

まとめ

最終的には、以下のことを念頭に置いて、この記事から離れるべきです。

  • テクニカルなSEOがサイトのランキングで果たす役割を過小評価してはいけません。クローラビリティや構造化マークアップなどの技術的な要素は、サイトの成功に欠かせません。
  • SEOキーワードのターゲットを間違えないようにしましょう。トランザクショナルクエリと情報型クエリの違いを知り、売上を上げるキーワードをターゲットにしましょう。
  • 薄いコンテンツや重複したコンテンツを無視してはいけません。また、ウェブサイトのモバイル版は、Googleのモバイルファーストのインデックスに合わせて適切に最適化されている必要があります。

これらの3つの主要な領域に焦点を当てることで、あなたのECサイトは、さらに成長するでしょう。

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事