「MARKETIMES」「マーケタイムズ」で検索!

アフィリエイト案件が探せる横断検索サイト「どこアフィ検索」の利用者が急増中

どこアフィ検索

2021年2月、アフィリエイト横断検索のどこアフィ検索の累計検索数が1100回を突破した。

Twitterでのシェアがきっかけとなり、同年1月には前月比5倍ものユーザがアクセスしているという。

どこアフィ検索とは

どこアフィ検索は、アフィリエイター・ブロガー向けのアフィリエイト横断検索サービス。

アフィリエイト経験者は、サービス・商品がどこのアフィリエイト業者(ASP)にあるか探すのが面倒だと感じる経験が多いという。

どこアフィ検索なら各社の管理画面にログインせずとも、どのASP経由で紹介されているかをチェックすることができる。

どこアフィ検索のメリットは、36社ものASP(A8.net・バリューコマース・もしもアフィリエイトなど)に対応しており、網羅的にチェックができる点。

無料で利用でき、ログインや会員登録も要らない手軽さも魅力のひとつ。

公式サイト
どこアフィ検索

どこアフィ検索公式Twitter
@dokoafi

※注意点として、検索結果はあくまで、ウェブ上のコンテンツ分析による推定とのこと。広告の掲載が途中で終了した場合など、誤った結果が含まれることもあるとしている。

【関連記事】