ボーナス年間平均額は100.2万円 35%が「減った」と回答【パーソルキャリア調査】

ボーナス年間平均額は100.2万円 35%が「減った」と回答【パーソルキャリア調査】

パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda(デューダ)」は、「平均ボーナスランキング」を発表したため、お知らせする。本ランキングは、正社員として働く22歳~59歳までのビジネスパーソン15,000人にインターネット調査を行った結果をまとめたもの。

■調査結果詳細: https://doda.jp/guide/bonus/

主な調査結果

ボーナスの高い職種ランキングは「企画/管理」と「モノづくり系エンジニア」がトップ30の半数を占める

15,000人のボーナス年間平均額は100.2万円だった。内訳は、冬のボーナスが48.5万円、夏のボーナスが47.0万円、その他が4.7万円となっている。
年間平均額の高い職種は、1位「内部監査」(177.1万円)、次いで2位「法務/知的財産/特許」(166.0万円)、3位「研究開発/R&D(IT/通信)」「MR」(164.9万円)となった。ランキングのトップ30には、「企画/管理」と「モノづくり系エンジニア」の職種が、ともに8職種ランクインしている。

ボーナスの高い職種ランキング

※2020年9月~2021年8月の1年間に支給されたボーナス
トップ30の表は、後方に記載している。

ボーナスの支給額は「減った」が35.1%、「増えた」が22.0%

今回(2020年9月~2021年8月の1年間)のボーナスについて、「前回(2019年9月~2020年8月の1年間)のボーナスに比べて支給額に変化はありましたか」と尋ねたところ、「変わらない」が42.9%、「減った」は35.1%、「増えた」は22.0%だった。
変化額は、「減った」「増えた」ともに10万円未満が最も多く、それぞれ17.2%、15.2%となっている。また、30万円以上「減った」という人の割合は5.7%、30万円以上「増えた」という人の割合は1.3%だった。

ボーナスの使い道1位は「生活費の補填」

今回(2020年9月~2021年8月の1年間)のボーナス支給金額のうち何割を貯蓄に回したかを尋ねたところ、「5割以上」と回答した人が全体の46.6%と最多。また、支給金額の「9割以上」を貯金に回す人は19.6%だった。反対に、「1割未満」と回答したのは23.9%という結果だった。
貯蓄以外のボーナスの使い道について尋ねたところ、最も多かった回答は「生活費の補填」で33.5%。次いで「趣味・娯楽」が28.0%、「旅行・レジャー」が25.0%となった。
※「ボーナスの支給額」「ボーナスの使い道」は、勤務先の企業に「ボーナスの制度がある」と回答した人に尋ねた結果だ。

年代別の年間平均ボーナスは20代と30代間での増加額が最も大きく+33.4万円

20代、30代、40代、50代の年間平均ボーナスを比較すると、年代が上がるにつれてボーナスの金額も上がることが分かった。年代ごとの年間平均ボーナスは、20代では62.8万円、30代では96.2万円、40代では104.0万円、50代では123.3万円だった。年代間の増加額を比較すると、20代から30代の上昇が33.4万円で最も大きくなっている。30代から40代では7.8万円、40代から50代では19.3万円の上昇となった。

年代別の年間平均ボーナス

※2020年9月~2021年8月の1年間に支給されたボーナス

【年間平均ボーナスランキング(職種別) トップ30】

年間平均ボーナスランキング(職種別) トップ10

年間平均ボーナスランキング(職種別) トップ11-30

※2020年9月~2021年8月の1年間に支給されたボーナス

調査概要

【対象者】 22歳~59歳の男女
【雇用形態】正社員
【調査方法】ネットリサーチ会社を利用したインターネット調査
(ネットリサーチ会社保有のデータベースを元に実施、doda会員登録の状況については不問)
【実施期間】2021年8月19日~8月23日
【有効回答数】15,000件
※ウェイトバック:正社員の地域・年代・性別に合わせて実施
※記事中の割合データは、小数点以下第二位を四捨五入しているため、合計値が100%にならない場合がある。

詳細はこちら: https://doda.jp/guide/bonus/

「doda」について

doda」は、「はたらく今日が、いい日に。」をスローガンに、転職サイトや転職エージェント、日本最大級のdoda転職フェアなど、各種コンテンツで転職希望者と求人企業の最適なマッチングを提供している。

【プレスリリース】

【関連記事】