【220名調査】2022年に習得したいデジタルマーケティングスキルは「Web制作・運用」「SNSマーケティング」「動画マーケティング」

メディアリーチ、2022年に習得したいデジタルマーケティングスキルに関する調査を発表

株式会社メディアリーチ(本社:大阪府大阪市北区、代表取締役社長 CEO:松村俊樹)は、デジタルマーケティングのスキルに関心がある20代以上の社会人を対象に「2022年に習得したいデジタルマーケティングスキルに関する調査」を実施しました。

調査概要

調査時点 :2022年3月14日~3月15日
調査対象 :デジタルマーケティングスキルに関心のある20代以上の社会人
有効回答数 :220件
調査方法 :インターネット調査

調査サマリー

  • デジタルマーケティングスキルで最も習得したいのは「Web制作・運用」スキルで、次いで「SNS」「動画」「Web解析」「SEO」が挙がった。
  • デジタルマーケティングスキルを習得する目的は、約半数が「副業で活かすため」で最も多く、次いで「勤務先で活かすため」「フリーランス活動で活かすため」と続いた。「転職をするため」が一番少ない結果となった。
  • デジタルマーケティングスキルを習得するために現在行っていることで最も多かったのは、「書籍や専門誌を読んでいる」が約半数だった。次に多かったのが「何もしていない」は4人に1人で、習得したいが行動出来ていない状況が伺えた。

調査詳細

回答者の属性

回答者の年齢・雇用形態

回答者の職種・業界

2022年に習得したいデジタルマーケティングスキル(複数回答可)

2022年に習得したいデジタルマーケティングスキル(複数回答可)

2022年に習得したいデジタルマーケティングスキルの質問では、約半数が「Web制作・運用」スキルを挙げており、近年増加している副業やフリーランスの案件が多いスキルが人気であった。

また、InstagramやTikTokなどを代表するSNSマーケティングスキルや、動画を活用したマーケティング・広告のスキルに対する習得意欲の高さも伺えた。

SEOやデジタル広告も習得したいスキルとして、多くの回答者が挙げており、デジタルマーケティングの様々な手法に対して学びたいという意欲が見られた。

デジタルマーケティングスキルを習得する目的(複数回答可)

デジタルマーケティングスキルを習得する目的(複数回答可)

デジタルマーケティングを習得する目的を質問したところ、約半数が「副業で活かすため」と回答し、次いで「勤務先で活かすため」となった。

現在の会社から転職したいというよりは、現在の仕事を続けながら副業をしたいという意欲が見えた。

現在、デジタルマーケティング習得のために行っていること(複数回答可)

現在、デジタルマーケティング習得のために行っていること(複数回答可)

現在、デジタルマーケティング習得のために行っていることについて質問したところ、約半数が書籍や専門誌で習得に取り組んでいると回答した。次に多かったのが「何もしていない」は4人に1人で、習得したいがまだ行動出来ていない状況が伺えた。

近年は動画で学ぶオンライン学習サービスやオンライン講座も多くなってきており、デジタルマーケティングの学習環境が整ってきている状況だ。

またWebマーケティングに特化したスクールも増加しており、受講者数も年々増加していることから、デジタル・マーケティングスキルの習得の需要はまだまだ続くと考えられる。

【参考】Webマーケティングに特化したスクール一覧