マーケティングとブランディングのち外

マーケティングとブランディングの違いをわかりやすく解説

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

ブランディングとマーケティングは、収益拡大を目指して連携する重要なビジネス機能です。製品や企業の認知度を高めるための活動です。

両者は密接に関連しているため、マーケティングとブランディングの違いに気づかないことが多いです。

マーケティングには、製品やサービスを販売するために行われる一連の活動が含まれますが、それは顧客のニーズを確認することから始まり、顧客に必要な製品を提供することから始まります。

一方、ブランディングとは、消費者の心の中のある場所を占めることによって、製品の名前やイメージを作り出す活動を意味します。競合他社よりも自社製品を選ぶだけでなく、自社の問題に対する究極の解決策として自社製品を見ているのです。お客様との長期的な関係構築に役立ちます。

この記事では、マーケティングとブランディングの違いについて説明します。

マーケティングやブランディングについて体系的に学びたい方は【グロービス学び放題】がおすすめです。【グロービス学び放題】はビジネススクールで有名なグロービスが運営するビジネス動画学習サービスです。下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひ参考ください。

 

マーケティングとブランディングの比較表

比較対象 マーケティング ブランディング
意味 商品やサービスの交換を促進するために売り手と買い手を引き合わせるために会社が行うさまざまな活動がマーケティングである。 ブランディングとは、消費者が製品を生産している企業を認識し、識別するのに役立つように、製品にブランド名を付けることである。
誰のために? ビジネス向け 顧客向け
何をする? 顧客の開拓 顧客ロイヤリティの構築(顧客ロイヤリティとは、顧客があるブランドや商品、またはサービスに対して感じる「信頼」や「愛着」のことを指す)
影響 お客様がすぐに購入を決断すること 消費者の心理に影響を与えることで購入決定を下す。
ショーケース 利益
戦略 プッシュ型 プル型
価値 意図した価値の向上 価値の強化
ドライブ 継続的な販売 永続的な評判
創出 需要 関係構築
訴求先 意図したオーディエンス 感情

マーケティングの定義

マーケティングとは、企業と消費者が一体となって商品やサービスを交換し、対価を得る経営プロセスです。これには、人々に利益をもたらす価値のある製品やサービスの探索、創造、広告、販売、提供など、さまざまな活動が含まれます。単に売り込みをするだけでなく、顧客を獲得し、顧客との関係を構築するために行われるすべての活動を含みます。

このプロセスには、顧客の満たされていない要件の特定、ターゲット市場の規模と利益の側面の決定、企業のどの部門が顧客に最も貢献するかの確認、販売、顧客と顧客の関係構築などを目的とした製品またはサービスの販売促進などが含まれます。

マーケティングの基本は、マーケティングミックスと呼ばれる4P (製品、価格、場所、プロモーション) の組み合わせと調整として理解できます。

ブランディングの定義

ブランディングとは、製品やサービスを他の販売者と認識し、差別化するために使用される名称、ロゴ、サイン、マーク、スローガン、またはそれらの組み合わせです。ブランディングとは、消費者の心の中にある製品やサービスのために、広告ツールを使って、明確で記憶に残る名前やイメージを作ることを含む一連の活動です。

 

ブランディングは、顧客を引きつけ、長期にわたって顧客を維持するために、市場に卓越したプレゼンスを確立することを目的として行われるマーケティング手法です。信頼を確立し、価値を強化し、製品や企業の顧客体験を向上させます。

マーケティングとブランディングの主な違い

マーケティングとブランディングの違いは、以下の点から容易に理解できます。

  • マーケティングとは、売り手と買い手を結びつけ、商品やサービスの交換を促進するために企業が行う様々な活動である。一方、ブランディングとは、製品にブランド名を付けることであり、消費者が製品を製造している企業を認識し、識別するのに役立ちます。
  • マーケティングはビジネス向けであり、ブランディングは顧客向けです。
  • マーケティングは顧客を育てるために使われ、ブランディングは顧客間の信頼とブランドロイヤルティを構築するために使われます。
    マーケティングは、購入に対するお客様の迅速な対応に影響を与えます。消費者の心に影響を与えることで購買決定に影響を与えるブランディングとは対照的です。
  • マーケティングは、企業が提供する製品またはサービスの利点を開示する。逆に、ブランディングは夢を見せます。
  • 戦略に関して言えば、マーケティングはプッシュ型ですが、ブランディングはプル型です。
  • 価値について語る場合、マーケティングは意図された価値を促進するが、ブランディングはそれを生み出します。
  • マーケティングの最終的な結果は販売です。逆に、ブランディングは永続的な評判をもたらします。
  • マーケティングは顧客のニーズを創造することを目的としています。ブランディングとは異なり、それは顧客との強固で健全な関係を築くことを目的としています。
  • マーケティングはターゲットとなる視聴者に語りかける。反対に、ブランド化は感情に訴えます。

まとめ

マーケティングは、消費者のニーズと製品の市場を開拓するための第一歩です。ブランディングとは対照的に、それはマーケティングに従い、顧客のために価値を創造することを目的とします。

参考

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事