電通アイソバー、電通デジタル、ISID、専門人材400人規模のグループ横断組織を設立

電通アイソバー、電通デジタル、ISID、専門人材400人規模のグループ横断組織を設立

電通アイソバー株式会社、株式会社電通デジタルと株式会社電通国際情報サービスは、マーケティング領域を起点としたDX基盤構築において、クラウドソリューションのインテグレーション業務および活用業務支援を行う専門人材400人規模のグループ横断組織「Dentsu DX Ground(電通DXグラウンド)」を立ち上げ、本日より本格稼働した。

現在、企業におけるデジタルトランスフォーメーション(以下、DX)は急速に進んでおり、その基盤となるシステム整備が急務となっている。

特に社会状況や消費者心理の変化に伴い、素早い対応が求められるマーケティング領域のデジタル化においては、Salesforce Customer 360、 Google Cloud™、 アマゾン ウェブ サービス(AWS)、 Adobe Experience Cloudなど、多機能かつ利便性の高いクラウドソリューションまたはサービスが採用される傾向がある。

しかし、複数のクラウドソリューションを組み合わせたマルチクラウド化や、既存システムとの複雑なインテグレーションなど、システムの構築や運用業務は高度化しており、専門人材の量的・質的な不足が顕在化している。

今回、電通アイソバー、電通デジタル、ISIDの3社は、本領域における各社の専門人材を集約することにより、大規模化・複雑化するクラウドソリューションの構築・運用やデータ活用の高度化を最適な形で提案し、企業のDX推進に向けたインテグレーション強化を実現する体制を構築した。

【プレスリリース】

【関連記事】