コロナウイルスが検索マーケティングに与える影響

新型コロナウイルスの検索マーケティングへの影響

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

新型コロナウイルスの話題に関しては、人命が最大の心配事でしょう。しかし、経済的な影響を含め、その影響を考慮することも重要です。影響の深さを予測するのは難しいですが、現在の傾向が続けばさらに問題は深刻になりそうです。

自宅からショッピング

海外で投稿された、人通りのない通りを映した動画です。影響を受けた他の都市も同様に不気味なほど閑散としています。

流行が悪化すれば、さらにオンラインでの購入が増加するでしょう。当たり前ですが、より多くの人が買い物に家を出るのを嫌がるからです。

イベントのキャンセル

会議は、彼らのイベントをキャンセルし始めている。Rakuten Advertising社は、2020年4月1日に予定されていたDealMaker Londonイベントをキャンセルしました。

Googleは2020年4月6日のサンフランシスコでのCloudNextカンファレンスを中止し、代わりにストリーミングすることを決め、3月に予定されていたラスベガスでのイベントを中止しました。

日本国内でも多くのイベントやカンファレンス、展示会がキャンセルとなり大きな損害が出た企業も多くあるでしょう。

旅行業界のダメージ

IACの会長は、エクスペディア社は新型コロナウイルスの影響で3000〜4000万ドルの減収が見込まれると警告しました。

旅行業界への影響は、飲食やホテルなどの業界へも大きな影響を与えます。

迫り来る製品不足

カリフォルニア州オークランドは中国製品の輸入港です。報道によると、オークランドに予定されていた荷降ろし船のほぼ20%がキャンセルされたとのことです。

供給が減るということは、在庫が減るということです。

Harvard Business Reviewによると、

「Covid-19が世界のサプライチェーンに与える影響は、3月中旬にピークに達すると予測されています。最も影響を受けやすい企業は、部品や材料を中国の工場に大きく依存しているか、または工場だけに依存している企業である。中国の製造工場の稼働率はここ1カ月で低下しており、今後数カ月は低迷が続くとみられている。」

とコメントしています。

カリフォルニア州ロサンゼルスの港でも状況は似ており、Wall Street Journalによると25%以上のキャンセルが出ているという。国内においても同様の状況が拡大していると予想されます。

これはある時点で、中国製品(およびその関連会社)を販売している業者や、Amazonで中国製商品の販売に依存しているアフィリエイトに影響を与える可能性があります。少なからず、中国に関係するビジネスの影響は、大小はあるものの、少なからず悪い影響があるでしょう。

新型コロナウイルスがSEOコンサルティングに与える影響

検索マーケティング業界では、SEOは検索エンジンのランキング1位だと考えがちです。しかし、ランキングの獲得は目的ではなく手段です。ランキングの最終的な目標は売上ということになるでしょう。

2008年の景気後退では、さまざまな業界で売り上げが落ち込みました。

これが検索マーケティングに影響を与えたのは、顧客がコンサルティング料を支払う余裕がなくなったことが原因でした。SEO業者は不況で業績が悪化した顧客にしがみつくために、当時、多くのSEOコンサルティング業者が手数料を引き下げなければならない事態が多く発生しました。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事