クッキーのない世界

クッキーのない世界でのIDの未来

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

ブランドの成功にとって、IDはさらに重要になります。米国Acxiom社は、クッキーのない世界についての視点と、将来のIDソリューションに必要となる重要なポイントについて解説しています。

IDは難しいものですが、Googleが最近発表したChromeブラウザでのサードパーティクッキーのサポートを2年以内に終了する予定であることが明らかになり、さらに複雑さが増しています。この動きは、オーディエンスをターゲティングするための重要な指標としてリーチに依存するデジタルチャネルに最も大きな影響を与えるでしょう。広告主がクッキーなしで前進するためには、新たな代替手段を開発する必要があります。全体的な状況と検討されている将来の選択肢のいくつかをより深く理解するには、Acxiom社の見解が参考になるでしょう。

今日のエコシステムでは、IDは、モバイルID、ブラウザID、Connected TV ID、複数のEメールアドレス、または位置情報IDなどの識別子を単にそれぞれで活用するだけではありません。実在の人物の統一された情報をまとめ、時間の経過とともに進化していく中でその情報を維持するためには、より全体的なアプローチが必要となります。IDの最大の課題としては、以下の3つが挙げられます。

1つのサイズではすべてに対応できない

事業部門、事業の種類、および技術プラットフォーム間でのIDの定義の変更。それぞれの用途に応じて、どのようにIDソリューションを理解し、調整することができますか?

属性と対象範囲に関するデータギャップ

このようなギャップは、ブランドのマーケティングメッセージと反応の正確さに大打撃を与えます。顧客との関係を構築するために、どのようにしてインサイトを得るのでしょうか?

デバイス、電話、またはEメールアドレスを共有しているユーザー

共有するとノイズが発生し、競合する信号が送信されます。優れた顧客体験を一貫して提供するために、どのように情報を解決しますか

Winterberry Group社のレポートによると、ID機能を強化するために、米国のマーケターはIDサービスとソリューション(デバイスグラフ、データ処理/管理プラットフォーム、サービスなど)に2019年に9億ドル近くを投資しており、その額は2022年には26億ドル以上に増加すると予想されています。

投資の規模とマーケティング・エコシステムにおけるIDの重要性を考慮すると、組織はまず、自社のデータの状態とIDソリューションの要件を明確に評価する必要があります。第2に、IDプロバイダを評価するための一連の一貫した問いを明確にして、組織の最も緊急なIDニーズを解決するプロバイダの能力を真に理解する必要があります。

この記事では、マーケターがIDソリューションを構築する際の指針となる4つの重要な要素を紹介します。

データを正しく取得する

Ascend2社によると、ブランドのファーストパーティID関連データ資産の平均30%は、毎年使用されなくなると発表しています。歯科医にクリーニングを依頼する場合と同様に、消費者の連絡先データ(Eメールアドレス、電話番号、氏名、住所)を毎年クレンジング、標準化、および強化するクレンジングサービスを利用することが不可欠です。品質の低いデータは、タッチポイント間での顧客体験を低下させることが多く、これは最も忠実な顧客でさえイライラさせたり、離脱につながったりします。IDは、それが依存しているデータの品質と同程度のものでなければならず、正確なデータは、顧客との良好な関係構築に不可欠です。

チャンネルを横断してIDを得る

データの質も重要ですし、量も重要です。今日のマーケティングエコシステムでは、消費者のデジタルとオンラインのインタラクションを可視化することが重要である。ファーストパーティのプライベートエンタープライズグラフは、デジタルおよびオフラインのファーストパーティのデータと追加のサードパーティのインサイトを組み合わせて、消費者の統一された情報を作成します。組織は、タッチポイント、デバイス、チャネル、およびIDの関係全体にわたって消費者のIDを維持するためのソリューションを構築し、ブランドの独自の視点に合わせてカスタマイズされた最適な顧客体験を実現できます。

顧客体験を正しく得る

IDは継続的なプロセスであり、進化する顧客プロファイルを維持し、ブランドとの真の関係構築を可能にし、精度とリーチの競合要因のバランスをとるためには、一貫したモニタリングと最適化が必要となります。人工知能と機械学習を戦略的にプロセスに組み込む包括的なID管理ソリューションにより、ブランドは、マーテックとアドテクノロジーのエコシステム全体でIDを把握し、顧客と見込み客に優れた体験を提供することができます。

適切なコンプライアンスを実現する

倫理的に消費者を特定し、結びつけることは、グローバルブランドにとって最優先事項です。消費者アクセスのためのコンプライアンス要件を満たし、消費者の信頼を築くために、ブランドは、マーケティング活動とは別に、消費者が本人であることを保証する必要がある。このような機能に優先順位を付けることは、最近制定されたカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)や、消費者が個人データを管理できるようにするその他の新しい消費者プライバシー規制によって確立された要件を満たすために不可欠であり、理想的にはそれを超えるものが要求されます。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事