64%のデジタルマーケター、サードパーティーCookie排除など業界の大きな変化の詳細を理解していないと回答【LiveRamp Japan調査】

64%のデジタルマーケター、サードパーティーCookie排除など業界の大きな変化の詳細を理解していないと回答【LiveRamp Japan調査】

データ接続プラットフォーム「LiveRamp」を活用し、Cookieレスの広告配信を実現したピープル・ベースドマーケティング※1を支援するLiveRamp Japan株式会社は、Googleが発表した「サードパーティーCookieのサポート終了」や個人情報保護法の改正といったデジタルマーケティング業界の転換期を見据え、広告主のデジタルマーケター400名と日本人ネットユーザー400名を対象に、業界の変化への対策やプライバシー意識に関する調査を実施。

結果、デジタルマーケティング業界において近年加速している、サードパーティーCookie排除の動きや、IDFA (Identifier for Advertisers)※2の急激な減少につながるAppleの「App Tracking Transparency」実装などの動きについて64%ものデジタルマーケターが「まったくわからない」または「業界の変化について聞いたことはある・なんとなく把握しているが、詳細は理解していない」と回答。日本のデジタルマーケターにおける業界の変化に対する危機感の低さがあらわになった。

また、一般のネットユーザー53%が企業による個人情報の取り扱いに対して「あまり信頼していない」、「非常に信頼していない」と回答。企業による個人情報の取扱いに対して信頼が低いことが判明したた。

※1 「ピープル・ベースドマーケティング」:複数のデバイスを跨いでも利用する個人を識別し、その個人に向けた訴求を可能にする考え方
※2 「IDFA」:Appleがユーザーの端末にランダムに割り当てるデバイスIDで、広告主はユーザー行動を計測しカスタマイズした広告を配信可能

主な調査結果一覧

企業(広告主)のデジタルマーケターに対する調査

① ファーストパーティーデータをもとに個々のユーザープロフィールを作成するソリューションシステムを導入している企業はわずか50%
② サードパーティーCookie排除など業界の変化に対し64%のデジタルマーケターが“詳細を理解していない”と回答
③ サードパーティーCookie排除に対し“新しいマーケティングの仕組みを導入済み”の企業はわずか46%
④ 現在抱えているデジタルマーケティング活動において課題に感じていること1位は「ユーザーのプライバシー保護」
⑤ 73%がプライバシー保護を維持しつつ、ファーストパーティーデータの利用・活用を最適化するソリューションに興味

一般のネットユーザーに対する調査

① 68%もの人が個人情報を提供する際、提供先のデータ利用規約の内容をすべては確認していないと回答
② 53%もの人が企業による個人情報の取り扱いに対して「あまり信頼していない」、「非常に信頼していない」と回答

「ファーストパーティーデータ(自社が収集したデータ)を保有する企業(N=285)の内、それをもとに個々のユーザープロフィールを作成するソリューションシステムを導入している企業は50%以下という結果に」

企業が保有するデータはファーストパーティーデータが71%と最も多く、次いでサードパーティーデータが40%ということが判明しました。その内、「ファーストパーティーデータをもとに個々のユーザープロフィールを作成するソリューションシステムを導入されていますか」という質問に対し、「導入している」と回答したのは49.5%と低い結果に。ファーストパーティーデータを保有しつつも、利活用できていない企業が多いことが判明た。
=========================================
「サードパーティーCookie排除など業界の変化に対し64%のデジタルマーケターが“詳細を理解していない”と回答」

「デジタルマーケティング業界において近年加速している、サードパーティーCookie排除の動きや、IDFAの急激な減少につながるAppleのApp Tracking Transparencyの実装について、どの程度ご存知ですか」という質問に対し「業界の変化について聞いたことはある・なんとなく把握しているが、詳細は理解していない」と回答した人が49.5%、「まったくわからない」と回答した人が14.0%、つまり63.5%ものデジタルマーケターが、今大きく変化している業界の変化の詳細を理解していないことが判明した。
=========================================
「サードパーティーCookie排除の動きに対し、それに代わる“新しいマーケティングの仕組みを導入済み”の企業はわずか46%という結果に」

「デジタルマーケティング業界において近年加速しているサードパーティーCookie排除に対し、自社でどのような対策を講じていますか」という質問に対し、「自社で新しいマーケティングの仕組みを開発し、すでに導入済み」が19.3%、「他社のソリューションを活用した、新しいマーケティングの仕組みを導入済み」が26.8%という結果に。つまりサードパーティーCookie排除の動きがあり、業界シフトが求められている現在でも、それに代わる“新しいマーケティングの仕組み”を導入している企業はわずか46.1%ということが判明した。
=========================================
「企業が考えるデジタルマーケティング活動における課題第一位は“ユーザーのプライバシー保護”」

「自社が現在抱えているデジタルマーケティング活動において課題に感じていることや、必要だと感じていること」という質問に対し、1位が51.0%で「ユーザーのプライバシー保護」、次いで48.0%で「改正個人情報保護法の順守」が2位、「主要ブラウザによるサードパーティーCookie排除への対応」が36.5%で3位という結果に。改正個人情報保護法の施行を前に、「プライバシー保護」の機運が高まっていることが伺えます。
=========================================
「73%がプライバシー保護を維持しつつ、ファーストパーティーデータの利用・活用を最適化するソリューションに興味を持っているという結果に」

「ユーザーデータのプライバシー保護を維持しつつ、ファーストパーティーデータの利用・活用を最適化するソリューションにご興味はありますか」という質問に対し、73.3%もの人が「興味がある」と回答。プライバシー保護を厳格化し、Cookieに依存しない、LiveRampが提供するピープルベースドIDが社会的に必要にされているということが判明した。
=========================================
「ネットユーザーの内、68%もの人が個人情報を提供する際、提供先のデータ利用規約の内容をすべては確認していないという結果に」

「自身のデジタル体験で、個人情報(名前、生年月日、電子メールアドレスなど)を提供したことはありますか」という質問に対し「提供したことがある」と回答したのはわずか58.5%。個人情報を提供しているにも関わらず、その意識を持っていない人が多いと推察されます。また、個人情報を提供したことがある人の内、「個人情報を提供する際、提供先のデータ利用規約を確認しますか」という質問に対し「ところどころ確認しているが、すべては確認していない」が39.7%、「ほとんど確認せず、読み飛ばしている」が28.2%という結果に。つまり、67.9%もの人が個人情報を提供する際、提供先のデータ利用規約の内容をすべては確認していないということが判明しました。
=========================================
「ネットユーザーの内、53%が企業による個人情報の取り扱いを信頼していないという結果に」

「企業による個人情報の取り扱いに対して、どの程度信頼していますか」という質問に対し、「あまり信頼していない」が38.0%、「非常に信頼していない」が15.0%という結果に。つまり、53%もの人が企業の個人情報の取り扱いを信頼していないということが判明した。
=========================================

●調査概要
■調査対象者 :
①主にマーケティング・広報宣伝関連・リスティング広告等を活用したデジタルマーケティング施策の            設計・運用をする男女
②週に4回以上インターネットを利用している20~59歳の男女

■サンプル数 : ①400名/②400名
■調査方法 : インターネットリサーチ
■調査時期 : 2021年3月26日~3月29日

■調査内容 :
「デジタルマーケティング業界の変化への対策/ネットユーザーのプライバシー意識に関する調査」について調査し、分析」

【プレスリリース】

【関連記事】