• HOME
  • CATEGORY
  • NEWS
  • 脳科学が証明、コンテキスト(文脈)と広告効果の因果関係【調査レポート】
脳科学が証明、コンテキスト(文脈)と広告効果の因果関係【調査レポート】

脳科学が証明、コンテキスト(文脈)と広告効果の因果関係【調査レポート】


DMM MARKETING CAMP

AIを活用した独自の広告テクノロジーを提供するGumGum Japan株式会社は、脳科学マーケティング会社、株式会社 Spark Neuro Japanと共同で、調査レポート『ニューロサイエンスで紐解くコンテキスト広告の可能性』を発表した。

以下、リリース詳細:

データ保護・プライバシー規制の潮流の中、インターネット広告の関心は、クッキーターゲティングからコンテキスト(文脈)ターゲティングへと移りつつあります。

その一方で、コンテキストターゲティングの効果に疑問を持っているマーケターの方々も多いかもしれません。

AI画像認識・言語解析を使ったコンテキスト広告を展開するGumGum (ガムガム)と、脳科学と人工知能を融合して効果を解析する脳科学マーケティング会社SPARK Neuro(スパークニューロ)との共同調査で、コンテキストが広告効果に与える影響を探りました。

本調査は、GumGumとSPARK Neuroとの共同によるもので、脳活動・眼球運動・⽣理学的反応等の科学的分析を通して、消費者文脈と広告効果の相関性を探ることを目的としています。

消費者が接しているウェブサイトのコンテンツと、そこに表示される広告の内容が、広告に対する情緒的反応や記憶、購買意欲にどのように影響を与えるか、理解を深めていただき、皆さまの今後のマーケティング活動の材料として、役立てていただければと存じます。

【調査概要】

調査対象者:18才~54才の男女60名(男女比1:1)
調査対象市場:米国・英国・日本
調査期間:2019年10月-12月
調査方法:被験者にランダムな順番で6つの記事を読んでもらい、記事の中に掲載されている広告に対する反応を、生体認証センサーを使い知覚的・生理的にトラッキング。専門調査員がEEGセンサー、顔表情センサー、アイトラッキングセンサー等を使用し*、記事の文脈と関連性が高いものから低いものまで、内容やフォーマットの異なる広告に対する被験者の注意や情緒的反応を測定。調査後にはデプスインタビュー/アンケートも実施。 *日本での調査はEEGセンサーのみ使用

【主な調査結果】

  • 文脈に関連した広告は、潜在意識への効果が43%高いことが判明。
  • 文脈に関連した広告は、2.2倍の高さで記憶に残りやすいことが判明。
  • 文脈に関連した広告は、記事自体と比べても10%高い関与度が得られることが判明。
  • 文脈に関連した広告は、高い購買意欲を喚起できることを確認。

Spark NeuroグローバルCEOのスペンサー・ギャロル (Spencer Gerrol) は、当プロジェクトについて以下のようにコメントしています。

「プロジェクトの話をGumGumから聞いた際、これはまさに私たちのようなニューロサイエンス専門家にとって非常に興味深いプロジェクトだと思いました。GumGumが広告におけるコンテキスト(消費者文脈)のパイオニアであることは知っていましたので、我々にとっても、コンテキスト広告の効果を調査することは、非常に意義のあることだと感じています。」

GumGum Japanマネージング・ディレクターの若栗直和(わかぐりなおかず)のコメントは以下の通りです。

「グローバルおよび日本でもクッキー離れが進む中、広告主は”適切な広告を、適切なタイミングで、適切な人に届ける”方法を模索しています。コンテキスト(文脈)広告は、行動ターゲティングの単純な代替手段ではなく、より高い効果が期待できる手法だと考えていますが、今回の調査を通して、その効果が科学的に証明できたと感じています。」

全35ページの調査レポート(日本語版)は、以下のリンクより無料ダウンロードいただけます。
ニューロサイエンスで紐解くコンテキスト広告の可能性:https://gumgum.com/cognitextual-a-neuroanalytic-study-of-contextual-ad-effectiveness_jp

また、英語版のレポートについては、以下特設ページからダウンロードいただけます。併せてご参照ください。
COGNITEXTUAL: A NEUROANALYTIC STUDY OF CONTEXTUAL AD EFFECTIVENESS:https://gumgum.com/guides/cognitextual-a-neuroanalytic-study-of-contextual-ad-effectiveness

お問い合わせ: https://gumgum.com/japan/contact
GumGumホームページ: https://gumgum.com/japan

【GumGumについて】
GumGum(ガムガム)は、AIを活⽤した独⾃の画像認識技術・⾔語処理技術を持つテクノロジーカンパニーです。私たちの技術を活用することで、より良い広告サービスや消費者体験を実現することをミッションに活動しています。10年以上に渡る開発と機械学習により培われた高度な解析技術を、広告からスポーツマーケティングまで幅広く応用しています。

広告サービスとしては、ウェブ上の画像と文章をAIで理解して文脈に沿った広告配信を行うコンテキスト・ターゲティング、ブランドにとってイメージ毀損となるリスクを回避するブランドセーフティ、不正取引(アドフラウド)の除外、自由度の高いリッチなクリエイティブを提供しています。現在、北米・欧州・豪州をはじめ、世界各国で「Fortune 100」企業の広告活動を行っており、日本国内でも既に150社以上の企業の広告キャンペーンを実施しています。

【Spark Neuroについて】
SPARK Neuro(スパークニューロ)は脳科学と人工知能を融合し、動画広告やエンターテイメント領域におけるクリエイティブの効果を解析する、米国ニューヨーク発の脳科学マーケティング企業です。5年間の研究開発期間を経て、1秒間に6,000のデータポイントを処理可能なアルゴリズムを開発しました。

従来のバイアスの大きな主観的の調査手法(フォーカスグループ等)の代わりに、弊社は、映像視聴者の脳活動を直接測定し、消費者の広告に対する反応を一秒単位で可視化します。脳波をはじめとする身体データを解析することで、視聴者の“注目度” と “感情の起伏” を一秒単位で明らかにできるため、従来よりも精緻なレベルでクリエイティブを改善するための示唆を出すことができます。米国でのクライアント実績に加え、日本でも2019年よりサービスをスタートし、企業の動画広告の最適化のための調査とクリエイティブのコンサルティングを提供しています。

【プレスリリース】

【関連記事】

この記事のタイトルとURLをコピーする

同じカテゴリーの記事