• HOME
  • CATEGORY
  • CONTENT
  • コンテンツマーケティング担当者の半数が、効率化のためにテクノロジーの利用を開始している
コンテンツマーケティングでテクノロジーを活用

コンテンツマーケティング担当者の半数が、効率化のためにテクノロジーの利用を開始している


この記事のタイトルとURLをコピーする

コンテンツマーケティング担当者の半数が、効率化のためにテクノロジーの利用を開始している。

マーケティング担当者が2020年に向けてより多くのコンテンツを作成しようとする中、アセット開発のための時間をより多く確保するためにテクノロジーに目を向けていることが新たな調査で明らかになった。

Bynderはこのほど「The 2020 State of Branding」レポートを発表し、統計によると、ほとんどのマーケティング担当者(39.9%)が2020年には2019年よりも26%から50%多くのコンテンツを開発する意向であることを示唆している。

ブランドが2020年に作成する予定のコンテンツ/アセットは、2019年と比較してどのくらいの量になるのか

ブランドが2020年に作成する予定のコンテンツ/アセットは、2019年と比較してどのくらいの量になるのか

この増加に対応するために、回答者の大多数(48.5%)がテクノロジーを利用して管理業務を自動化すると回答しています。約47.3%が外部の代理店とのコラボレーションを増やし、46.9%が顧客やパートナーのコンテンツをより多くの方法で再利用すると回答しています。人員の増加を検討していると答えたのはわずか38.8%でした。

ほとんどのマーケティング担当者(32%)は、マーケティングとブランディング目的での自動化の最善の利用は、より効率的かつ迅速にコンテンツを作成することであると同意した。

コンテンツマーケティング担当者にとって時間が課題

これまでの調査によると、マーケティング担当者にとって時間は常に課題であり、特にコンテンツの開発に関しては、時間が課題となっています。

ClearVoice社が毎年実施しているコンテンツマーケティング調査によると、マーケティング担当者がコンテンツを作成する際の障害の第一位は「時間」であることが明らかになりました。次いで、コンテンツの作成、コンテンツの品質、ライティングの順となっています。

コンテンツの制作とそれを推進するために必要な創造性は、マーケティング担当者にとって最大の課題である。このカテゴリーでは、明確なブランドの声の実現、オリジナルコンテンツの開発、説得力のあるコンテンツの作成が主な障害となっています。また、アイデアを生み出すためのスタミナを持つことも「一般的」な課題として挙げられています。

【参考】

【関連記事】

この記事のタイトルとURLをコピーする

同じカテゴリーの記事