取材・インタビュー掲載希望の企業様はこちら ▶

クラウドサーカス、60万社の企業データベースと連携

MAツール

スターティアホールディングス株式会社は、連結子会社でデジタルマーケティング事業を手掛けるクラウドサーカス株式会社が提供する、マーケティングオートメーション(以下、MAツール)『BowNow(バウナウ)』において、ネットビジネスサポート株式会社が提供する、企業Webデータベース『Beegleデータ』とAPI連携を開始したことをお知らせする。これにより、企業情報の分析機能が拡張し、見込み顧客へのアプローチの精度が向上することが期待でき、より一層、お客様の営業・マーケティング活動の支援ができるようになった。

MAツール

『BowNow』について

『BowNow』は、シンプルで低価格をコンセプトにした「無料で使えるマーケティングオートメーション」だ。ホットリードの抽出に優れ、利用企業様は人員を増やすことや、Webサイト改修の必要なく、保有している見込み顧客リストを使ってミニマムスタートできる点が大きな特徴だ。現在7,500社以上に導入が進み、(2021年9月末時点)国産MAツールとしてはシェア№1を誇る。※DataSign社2021年3月期の統計結果に基づく

『BowNow』と『Beegleデータ』のAPI連携について

「BowNow」の主な機能のひとつである「企業分析」では、『BowNow』を設置したサイトへ訪問したユーザーのIPアドレスを分析し企業情報を付与する。これまで付与できた企業情報は、会社名、業種、従業員数など最大8種だったが、今回、「Beegleデータ」とAPI連携したことで、企業の活動内容や事業分野(製品・サービスの分類)など約200種の情報を付与し分析することが可能となった。
今回のAPI連携により、基本的な企業情報に加え、「企業がどういった活動をしているか」まで分析できるようになったため、見込み顧客へアプローチの精度が上がることが期待でき、より一層お客様の営業・マーケティング活動の支援ができるようになった。尚、本機能は、フリープランから利用できる。

『Beegleデータ』について

『Beegleデータ』は、営業・マーケティングの現場で使える、次世代型の企業Webデータベースだ。自社内の営業情報(CRM、SFA、MA)と外部の企業活動データをAPI連携することができる。インターネット上の企業データをデータベース化、AI、RPA技術を活用して最新企業データに更新する。従来の業種区分では表現できていなかった業種分類などをクレンジングし、目視チェックを加えた高精度な企業データを収録する。

デジタルマーケSaaS「Cloud CIRCUS」について

Cloud CIRCUSは、デジタルマーケティングのSaaS総称サービスだ。「驚くほど簡単に顧客を増やせるしくみ」をスローガンに、2015年から提供を開始し、顧客を増やす5つの課題領域「情報発信」「集客」「顧客体験価値向上」「見込み顧客育成と顧客化」「解約防止・リピート増」を総合して実現、計10種のSaaSツールが入っている。これまで累計24,000件以上の企業の収益拡大における支援を行ってきた。(2021年9月末時点)企業はCloud CIRCUSを活用することで、ポスター等、紙媒体にARを設定しWebサイトへの誘導を促し、Webサイトの閲覧履歴を計測、自社の製品やサービスに興味がある有望な顧客を割り出し、顧客の関心事に合ったシナリオに基づいて電子メールを送信するといった自動的な販売促進活動が可能だ。

クラウドサーカス株式会社について

「世界標準のマーケティングエコシステム」をビジョンとして掲げるクラウドサーカス株式会社は、デジタルマーケティングSaaSである「Cloud CIRCUS」の開発・提供を主力事業として展開している。「Cloud CIRCUS」は、中小企業を中心に24,000件以上に導入され(2021年9月末時点)、日本そしてアジアのサステナブルなビジネス環境を創造していく。

クラウドサーカス株式会社

スターティアホールディングス株式会社について

スターティアホールディンググループは、デジタルマーケティング(事業会社:クラウドサーカス株式会社)とITインフラ(事業会社:スターティア株式会社、スターティアレイズ株式会社、C-design株式会社、等)を通じ、中小企業のデジタルシフトを進めていく。「最先端を、人間らしく。」をコーポレートスローガンに、デジタル技術やサービスを、分かりやすく寄り添って提供する。

【プレスリリース】

【関連記事】