ChromeでGoogleアカウントに保存されているクレジットカードで支払いが可能に

ChromeでGoogleアカウントでのクレジットカード支払いが可能に

Googleの新しい支払い方法はすべてのChrome対応デバイスで利用できます。

Googleは今週、Chromium Blogを通じて、サインインしたChromeユーザーが、eコマース購入時に自分のGoogleアカウントに保存された決済方法を使用できるようになったことを発表しました。この機能は、 「Chrome」 ブラウザを搭載するすべてのデバイス、および 「Google Pay」 が利用可能なあらゆる場所で利用できる。

なぜ知っておくべきか

この機能は、ユーザーのGoogleアカウントに関連付けられた支払い情報を自動入力するので、ユーザーがサインインしている限り、すべてのChrome対応デバイスで支払い方法を利用できます。

Googleは数年前から、特にモバイル上でのeコマース取引におけるユーザー間の摩擦を減らす努力を続けてきました。同社の購入ではすでに、Google独自のチェックアウトカートとGoogleアカウントに保存された支払い情報を使って、ショッピング広告から直接商品代金を支払うことができる。Chromeのこの機能は、Googleで支払い情報を保存するユーザーの数を増やすのに役立つでしょう―そしてゆくゆくは「Shopping Actions」対応広告にコンバージョンする可能性を高めるでしょう。

Shopping Actionについてはこちら

グーグル、検索した商品を購入しやすくする「Shopping Actions」プログラムを発表

ChromeでのクレジットカードによるGoogle支払い

参考:Chrome lets users pay with credit cards saved in their Google accounts






MARKETIMES編集部

MARKETIMES編集部

MARKETIMESを運営する編集部。国内や海外のデジタルマーケティング情報を中心にノウハウや事例、調査データなど幅広くご紹介しています。

関連記事

  1. デジタル広告支出の70%がGoogle、Facebook,Amazon

    デジタル広告支出の70%近くがGoogle、Facebook、Amazon

  2. eコマース企業のビジネスモデルへの危機感

    eコマース企業の61%が、自社のビジネスモデルに危機感

  3. Webプッシュ通知とEメールマーケティングの効果の違い

    Webプッシュ通知の効果はEメールマーケティングの5倍高い インフォグラフィック

  4. マーケティング関連のメディアやブログ記事のまとめ2019年最新版

    デジタルマーケティングやWEBマーケティング系のブログ・メディア57選 2019年版

  5. マーケティングオートメーションの歴史

    マーケティングオートメーションの歴史とトレンド

  6. タイのデジタルマーケティング戦略の状況

    タイのマーケティング担当者はどのように顧客体験をパーソナライズ化しているのか?

  7. グローバルのマーケティング関係者の給与データ

    グローバルのマーケティング給与調査 2019

  8. 【書評】業界で話題のアドテク本「アドテクノロジーの教科書」が分かりやすい!

おすすめイベント

メンバー会員

ニュースレター登録

最新記事

  1. 動画コンテンツはコンテンツマーケティングの未来
  2. アンケートの回答率を向上させる5つのヒント
  3. 検索エンジンの改善
  4. B2Bマーケターは、コンテンツが売上増と顧客転換に役立つと期待している

今週の人気記事

  1. 競争力を強化するEメールマーケティング戦略2019年
  2. Googleのモバイルでのテキストカルーセル広告
  3. Eメールマーケティングデザイン
  4. B2Bマーケターは、コンテンツが売上増と顧客転換に役立つと期待している
  5. 検索エンジンの改善

Sponsored Link

PAGE TOP