ジオターゲティングを活用した最新のデジタルマーケティング

企業はジオターゲティングでマーケティングをどのように強化できるか

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

適切なメッセージを適切なタイミングで適切な場所に届けることは、すべてのマーケターにとって究極の目標である。

顧客の行動と関心を理解すればするほど、彼らに届くレコメンドや提案はより関連性が高く、ユーザーにとってもメリットのあるコミュニケーションとなる。

しかし、この情報を顧客の位置情報に関連するコンテキストと組み合わせることで、さらに大きな効果が得られることを考えてみよう。マーケターは、地理的なターゲット戦略によって、顧客とより深いレベルでつながり、最終的には、買い物客の生活を楽にし、購入を促進する、よりカスタマイズされた体験を提供する大きな機会を得ることができる。ブランドが顧客とのより良いコミュニケーションを実現するためにどのように位置情報を利用できるか考えてみよう。

リアル店舗は好まれている

利便性とオンラインショッピングの急速な成長にもかかわらず、従来型のリアル店舗は多くの顧客の移動に不可欠な役割を果たしている。消費者の85%はまだ店内で商品を購入することを好み、他の消費者はオンラインで購入する前に店内で試してみることを好む。

マーケティングチームにとって、顧客がどのようなやり取りをしているかにかかわらず、洗練された戦略を検討しておく必要がある。ウェブサイトやマーケティングメールに最寄りの店舗の情報を組み込むことは、店舗の売上を伸ばす効果的な方法である。それは、買い物客が実際に商品を見に行くのを後押しし、さらなるエンゲージメントの機会を増やすことになるかもしれない。

ピザハットの事例

Nectarは、顧客がロイヤリティポイントを引き換えることができる地元のレストランを提案している。出典:Nectarメール

ジオターゲティングは、ローカル店舗のイベントを宣伝する際にも、有効である。例えば、女性のファッション小売業者は、顧客を東京のファッションブランドが集うモールで特定の女性に向けたファッション体験に誘導したいと考えるかもしれない。顧客データを使用して、ブランドは、以前からファッションに興味があり、店舗での経験の影響を受けている女性をターゲットにして、行動喚起し、店舗でコミュニケーションをとることができる。

近くの商品をレコメンド

営業時間や顧客の最寄りの店舗への道順などの有用な詳細情報を共有することは、位置情報ベースのマーケティングの一般的な施策であるかもしれないが、ジオターゲティングは、商品のロケーションと買い物客のロケーションおよび行動をマッチングすることによって、はるかにパーソナライズ化を高度化することができる。

Eメールとウェブサイトのコンテンツをカスタマイズして、お客様が閲覧した場所に基づいて、顧客の最寄りの店舗で販売されている製品のみを表示することで、操作性を向上させ、お客様に合わせてカスタマイズすることができます。たとえば、顧客データと製品データを照合して製品をレコメンドすることで、顧客がその店に行って探していた製品が入手できなかった場合にイライラさせてしまうことを避けることができる。

特定の店舗でしか手に入らない製品を販売促進する場合にも、ジオターゲティングは役立つ。例えば、ロンドンマラソンのような地元のチャリティやスポーツイベントの商品は、地元の顧客にしか宣伝されない。

小売業以外では、例えば消費者が最寄りの空港からブラウズした目的地へのフライトや、過去の予約に基づいて参加したいと思うような近くのコンサートやイベントを強調するのに有効だ。

「Pavers」 は、製品の在庫状況

Paversは、PDP上での製品の店頭在庫を示します。出典:Pavers.co.uk

特定の場所の影響に基づいて顧客をターゲットにする

顧客の位置は必ずしも明確ではない。たとえば、ある人の最寄りの店舗は、その人にとって最も行きやすい場所ではないかもしれない。別の店舗は、高速道路や職場に近いため、その人にとっては行きやすい場所かもしれない。マーケターはこれを考慮に入れ、オフライン購入からの情報、例えば顧客のポイントカードからのデータや、各買い物客の好みの店舗を定義する際の店舗の集客エリアを活用すべきである。

しかし、ジオフェンシングを使う場合、買い物客がお気に入りのお店の情報を常に最新の状態に保つことが唯一の利用シナリオではない。抜け目のないマーケターは、競争相手の地理的な近くにいる消費者を引き込むこともできる。バーガーキングがマクドナルドとこのアプローチを取ったことは有名で、マクドナルドから約200メール以内の顧客は割引価格でワッパー(バーガーキングの商品)を注文する機会を与えられ、その後食事を受け取るために最寄りのバーガーキングへの道順を受け取った。

ジオフェンシングとは、位置情報を使ったサービスの一種だ。GPS、RFID(無線ICタグ)、Wi-Fi、携帯データ通信などを使い、特定の場所の周りに仮想的な境界(ジオフェンス)を設け、モバイルデバイスやRFIDタグがその境界内に入ったとき、あるいは境界から出た時に、アプリなどのソフトウエアで所定のアクションを実行する。(出典:位置情報をビジネスに活用、ジオフェンシングとは(前)

 

顧客の状況を理解することは、顧客の共感を得て、より大きな反応を得ることができるような体験を提供するために重要である。位置情報はパーソナライズの際に重要な要素であり、近年のテクノロジーの進化で、このデータをマーケティングに組み込むことは以前のような手作業ではなくなった。

ロケーションベースのマーケティングと行動ターゲティングを組み合わせることで、ブランドはコンテンツをより高度化し、顧客に提供することができる。そして、メッセージが顧客に理解されればされるほど、ブランドと顧客の関係は強化され、最終的に購入する可能性が高くなる。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事