B2Bマーケティングオートメーション、そしてマーテック全般が依然として重要な理由

B2Bマーケティングオートメーションの重要性

顧客体験の水準が上がるにつれて、マーケティングオートメーションはブランドが適切なメッセージで差別化するのに役立ちます。

マーケティングテクノロジーへの投資は、企業全体の優先事項であり続けています。企業は、カスタマイズに対する需要の高まりや、顧客満足度 (CX) を向上させるために急速に増加する消費者データを収集、認証、分析する必要性に対応しようとしています。

Gartnerが毎年実施している2019〜2020年のCMOサーベイによると、マーケティング業務のCMOとVPが引き続きROIと効率性に重点を置いているため、全体のマーケティング予算は2018年と比較して2019年の企業収益の10.5%にわずかに減少しました。それでも、調査時点では2020年については楽観的な見方が強く、CMOの88%が世界経済環境の将来的な影響はプラスになると述べ、半数以上 (53%) が影響は大きいと考えていました。

マーケティング予算の評価

しかし、COVID-19の出現は調査時点では予測されておらず、すでに世界的に大きな経済的影響を及ぼしています。とはいえ、新型コロナウイルスの影響がいつまで新聞の見出しやマインドシェアを支配するのかはまだ分からないのが現状でしょう。

マーケティング予算配分

MarTechは依然として予算の優先事項

マーケティングテクノロジー(マーテック)に投じられるマーケティング予算全体の割合は、2019年の29%から2019年には26%に減少したが、マーテックは他の支出分野を圧倒し続けています。マーテックへの投資額に匹敵するのはメディア支出だけで、人件費 (25%) と政府機関の予算 (22%) がそれより少ないです。

マーケティングオートメーションへの投資

Forresterが2018年4月に発表したMarketing Automation Technology Forecast, 2017-2023 (Global) によると、グローバルなマーケティング自動化への支出は、2017年の114億ドルから2023年までに251億ドルに達すると予測されており、これは年間の潜在成長率14%に相当します。

【参考】

【関連記事】