オーディオブックの市場規模が急成長

オーディオブック市場が急成長、2024年に260億円規模に

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW
ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

2020年1月9日、株式会社日本能率協会総合研究所が提供するMDB Digital Searchではオーディオブック市場を調査し市場規模の推計を発表した。
【URL】 http://search01.jmar.co.jp/mdbds/

オーディオブック市場規模・予測

オーディオブック市場 2024年に260億円規模に

オーディオブック市場概況

・2024年度のオーディオブック市場は約260億円。
・本調査のオーディオブックは、声優やナレーターが朗読した書籍、講演・話芸などをコンテンツ化し、音声データ自体を商品としてWebで提供しているサービス。
・書籍の代替として目を休めながら時間を有効活用でき、スマートフォンの普及とともに市場が形成される。
・利用者の過半数が、電車内、自動車の運転中など移動中に使用。サービス認知度の向上、提供コンテンツの充実化により、市場規模は拡大する見通し。

本調査結果の詳細は、JMARが提供するリサーチプラットフォームMDB Digital Search
http://search01.jmar.co.jp/mdbds/)に同レポートを収録し、提供されている。

【参考】

【関連記事】

ADVERTISEMENT
CONTINUE READING BELOW

同じカテゴリーの記事