第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

Z世代の6割以上が「SNS動画広告に嫌悪感なし」【Candee調査】

調査サマリー

ライブ配信や動画制作を中心にデジタルマーケティングを手がける株式会社Candeeは、Twitter・YouTubeを毎日利用しているZ世代104名を対象に、「Z世代の動画広告」に関する意識調査を実施したので、お知らせする。

調査サマリー

「Z世代の動画広告」に関する意識調査

調査概要

調査概要:「Z世代の動画広告」に関する意識調査
調査方法:インターネット調査
調査期間:2022年2月14日〜同年2月16日
有効回答:Twitter・YouTubeを毎日利用しているZ世代104名

 Z世代の6割以上が「Twitterの動画広告」に嫌悪感を感じず

「Q1.あなたのTwitterの「動画広告」に対する印象を教えてください。」(n=104)と質問したところ、「ポジティブな印象」が9.5%、「ややポジティブな印象」が13.5%という回答となった。

Q1.あなたのTwitterの「動画広告」に対する印象を教えてください。


Q1.あなたのTwitterの「動画広告」に対する印象を教えてください。
  • ポジティブな印象:9.5%
  • ややポジティブな印象:13.5%
  • 特に印象はない:38.5%
  • ややネガティブな印象:26.0%
  • ネガティブな印象:12.5%

 Twitter広告きっかけで、5割以上が「購入・アプリのインストール」の経験あり

Q1で「ポジティブな印象」「ややポジティブな印象」と回答した方に、「Q2.動画広告を視聴し、その後行ったことがあるアクションを教えて下さい。(複数回答)」(n=24)と質問したところ、「購入やアプリのインストール」が54.2%、「広告主のプロフィール閲覧」が33.3%、「広告の情報拡散」が29.2%という回答となった。

Q2.動画広告を視聴し、その後行ったことがあるアクションを教えて下さい。(複数回答)


Q2.動画広告を視聴し、その後行ったことがあるアクションを教えて下さい。(複数回答)
  • 購入やアプリのインストール:54.2%
  • 広告主のプロフィール閲覧:33.3%
  • 広告の情報拡散:29.2%
  • Twitterで商品やサービスに対するツイートを実施:12.5%
  • 問い合わせを実施:8.3%
  • その他:0.0%
  • 特にない:12.5%

つい見てしまう広告のコンテンツ、「自分用にカスタマイズされた広告」が54.2%で最多

Q1で「ポジティブな印象」「ややポジティブな印象」と回答した方に、「Q3.ついつい見てしまうと感じる広告のコンテンツを教えてください。(複数回答)」(n=24)と質問したところ、「自分用にカスタマイズされた広告」が54.2%、「ゲームコンテンツ」が41.7%、「動画や映画の予告コンテンツ」が41.7%という回答となった。

Q3.ついつい見てしまうと感じる広告のコンテンツを教えてください。(複数回答)


Q3.ついつい見てしまうと感じる広告のコンテンツを教えてください。(複数回答)
  • 自分用にカスタマイズされた広告:54.2%
  • ゲームコンテンツ:41.7%
  • 動画や映画の予告コンテンツ:41.7%
  • アニメコンテンツ:20.8%
  • 「推し」など好きなキャラクターやアイドルのコンテンツ:16.7%
  • その他:0.0%
  • 特にない:4.2%

Twitter広告にネガティブな印象を持つ理由、「全く興味のない広告ばかり流れているため」や「見たいものがあるのになかなかいきつけない」など

Q1で「ネガティブな印象」「ややネガティブな印象」と回答した方に、「Q4.ネガティブな印象を持つ理由を自由に教えてください。(自由回答)」(n=40)と質問したところ、「全く興味のない広告ばかり流れているため」や「見たいものがあるのになかなかいきつけない」など36の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>

  • 25歳:全く興味のない広告ばかり流れているため。
  • 25歳:見たいものがあるのになかなかいきつけない。
  • 24歳:鬱陶しい、手が離せないときに長いものが流れると不愉快。
  • 24歳:不快なものが多い。
  • 19歳:あまり興味がないし長い。
  • 19歳:遠回りせずズバッと商品を紹介すれば良いのに、物語型式にして長い。
  • 25歳:タイムラインが見づらい。

 Z世代の約6割が「YouTubeの動画広告」に嫌悪感を感じず

「Q5.あなたのYouTube「動画広告」に対する印象を教えてください。」(n=104)と質問したところ、「ポジティブな印象」が10.6%、「ややポジティブな印象」が16.3%という回答となった。

Q5.あなたのYouTube「動画広告」に対する印象を教えてください。


Q5.あなたのYouTube「動画広告」に対する印象を教えてください。
  • ポジティブな印象:10.6%
  • ややポジティブな印象:16.3%
  • 特に印象はない:28.8%
  • ややネガティブな印象:23.1%
  • ネガティブな印象:21.2%

YouTubeの広告がきっかけで、約4割が「購入・アプリのインストール」の経験あり

Q5で「ポジティブな印象」「ややポジティブな印象」と回答した方に、「Q6.動画広告を視聴し、その後行ったことがあるアクションを教えて下さい。(複数回答)」(n=28)と質問したところ、「購入やアプリのインストール」が39.3%、「広告主のサイト訪問」が28.6%、「広告の情報拡散」が17.9%という回答となりました。

Q6.動画広告を視聴し、その後行ったことがあるアクションを教えて下さい。(複数回答)


Q6.動画広告を視聴し、その後行ったことがあるアクションを教えて下さい。(複数回答)
  • 購入やアプリのインストール:39.3%
  • 広告主のサイト訪問:28.6%
  • 広告の情報拡散:17.9%
  • 問い合わせを実施:10.7%
  • その他:0.0%
  • 特にない:32.1%

つい見てしまう広告のコンテンツ、「動画や映画の予告コンテンツ」が50.0%で最多

Q5で「ポジティブな印象」「ややポジティブな印象」と回答した方に、「Q7.ついつい見てしまうと感じる広告のコンテンツを教えてください。(複数回答)」(n=28)と質問したところ、「動画や映画の予告コンテンツ」が50.0%、「自分用にカスタマイズされた広告」が46.4%、「ゲームコンテンツ」が28.6%という回答となった。

Q7.ついつい見てしまうと感じる広告のコンテンツを教えてください。(複数回答)


Q7.ついつい見てしまうと感じる広告のコンテンツを教えてください。(複数回答)
  • 動画や映画の予告コンテンツ:50.0%
  • 自分用にカスタマイズされた広告:46.4%
  • ゲームコンテンツ:28.6%
  • アニメコンテンツ:21.4%
  • 「推し」など好きなキャラクターやアイドルのコンテンツ:14.3%
  • その他:3.6%
  • 特にない:10.7%

YouTube広告にネガティブな印象を持つ理由、「胡散臭い広告が多く、関連性の低い広告が流れる」や「低俗な広告が多い」など

Q5で「ネガティブな印象」「ややネガティブな印象」と回答した方に、「Q8.ネガティブな印象を持つ理由を自由に教えてください。(自由回答)」(n=46)と質問したところ、「胡散臭い広告が多く、関連性の低い広告が流れる」や「低俗な広告が多い」など42の回答を得ることができた。

<自由回答・一部抜粋>

  • 22歳:胡散臭い広告が多く、関連性の低い広告が流れる。
  • 21歳:低俗な広告が多い。
  • 18歳:体型や容姿など、デリケートな問題をバカにするようなストーリーの広告が多く流れ、見ていて気分が良くないと感じるから。
  • 23歳:ムダ毛やダイエットなど外見に対するコンプレックスをネガティブに捉える広告が多いから。
  • 20歳:不適切な漫画やゲームについてだから。
  • 24歳:見るときに邪魔だから。
  • 19歳:スキップできない興味のないやつが出てくる。

まとめ

今回は、Twitter・YouTubeを毎日利用しているZ世代104名を対象に、「Z世代の動画広告」に関する意識調査を実施した。

まず、Z世代の6割以上が「Twitterの動画広告」に嫌悪感を感じていないことがわかり、更にはそのうち2割以上はポジティブな印象を持っていることが判明した。また、Twitterの動画広告にポジティブな印象を持っている人の5割以上が、Twitterの広告がきっかけで「購入・アプリのインストール」の経験があることが明らかに。

そこで、ついつい見てしまう広告のコンテンツを伺ったところ、「自分用にカスタマイズされた広告」が54.2%で最多、次いで「ゲームコンテンツ」と「動画や映画の予告コンテンツ」が41.7%と同率の結果となった。

一方、Twitter広告にネガティブな印象を持つ人へ理由を伺ったところ、「全く興味のない広告ばかり流れているため」や「見たいものがあるのになかなかいきつけない」などが挙がった。

次に、Z世代の約6割が「YouTubeの動画広告」について嫌悪感を感じていないことが分かった。また、そのうち約3割はポジティブな印象を持っていることが判明した。YouTubeの動画広告にポジティブな印象を持っている人の約4割が、YouTubeの広告をきっかけに「購入・アプリのインストール」の経験があると回答した。

Twitterへの質問と同様に、ついつい見てしまう広告のコンテンツを伺ったところ、「動画や映画の予告コンテンツ」が50.0%で最多、次いで「自分用にカスタマイズされた広告」が46.4%の結果となった。一方、YouTube広告にネガティブな印象を持つ人へ理由を伺ったところ、「胡散臭い広告が多く、関連性の低い広告が流れる」や「低俗な広告が多い」などが挙がった。

今回の調査では、Z世代は「SNS動画広告」に対して嫌悪感を抱く人が少なく、自分の好む商品やサービスに合った広告が表示されやすくなったことで、逆に興味を抱きやすく、購入や利用にまで至るケースが増えているようだ。

一方で、広告に嫌悪感を抱く場合もあり、広告の内容や表現方法が自分に合っていないという理由が散見された。よって、動画広告に対するイメージは、目にする人の好みにいかに寄り添っているかによって左右するということが分かった。

今後、動画広告の導入を検討中の企業としては、より必要な人へ届けることを意識することが重要だと言えるだろう。そのためにも、事前の綿密なリサーチや、ターゲットの明確化など、より一層の手間暇や工夫が必要となってくるのではないだろうか。

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner