第7回 MarkeMedia Days 詳細・申込はこちら

日常的なインターネットの利用環境は、「スマホのみ」での利用が最多【LINE調査】

アクティブなネット利用者の実態

LINE株式会社は、2021年下期のインターネット利用環境に関する調査を実施したので、お知らせする。

LINEでは、インターネット上のコミュニケーションプラットフォームの一翼を担う会社の責務として、よりよいサービス提供のためにさまざまな調査研究を行っている。その一環として、2016年4月より半期に一度スマートフォン等でのインターネット利用に関する定点調査を行っている。このたび、2021年下期の調査結果をお知らせする。

調査サマリー

  • 日常的な*インターネットの利用環境は、引き続き「スマホのみ」での利用が最多を維持
  • デバイス別の利用者の推移では、スマホ利用者が徐々に増加しており、今回調査では全体の97%がスマホを利用
  • 15〜79歳までの年代別の利用者の推移では、引き続き年代が上がるほどスマホ利用者の増加傾向が顕著
    *週1回以上の利用(職場や学校での利用も含む)

日常的なインターネットの利用環境は、引き続き「スマホのみ」での利用が最多を維持

  • 「スマホ」でのインターネット利用者は前回調査から増加し、全体の97%。「PC」での利用者も46%と前回調査(43%)から増加した。
  • 「スマホとPC」の併用は46%で、「PCのみ」での利用者は減少し、1%となった。
  • 構成比としての最多は「スマホのみ」での利用者で、52%と前回調査(53%)より微減した。
  • スマホ・PCでのインターネット利用なしは、全体の2%となった。

アクティブなネット利用者の実態

デバイス別の利用者の推移では、スマホ利用者が徐々に増加しており、今回調査では全体の97%がスマホを利用

  • 今回調査では97%がスマホでインターネットを利用と回答し、過去最も高い数値となった。性別年代問わず、日本全体でスマホを通してインターネットを利用する人の割合が徐々に増加している様子がうかがえる。
  • PC、タブレットの利用者はともに増減はあるものの、PCは約4〜5割、タブレットは約2割で引き続き推移している。
  • ガラケー利用者の割合は減少傾向にあり、今回調査では最小の2%となった。

アクティブなネット利用者の推移(デバイス別)

15〜79歳までの年代別の利用者の推移では、引き続き年代が上がるほどスマホ利用者の増加傾向が顕著

  • 10代〜40代のスマホ利用者は、98%以上と高水準。
  • 2018年10月の調査開始以降、40代以降のスマホ利用者は増加傾向にある。
  • 特に年代が上がるほどスマホ利用者の増加傾向が目立ち、50代〜70代ではスマホ利用者が過去最多で、70代では42%、60代では78%となった。

アクティブなネット利用者の推移(年代別)

LINEでは、今後もスマートフォン等でのインターネット利用に関わる調査を定期的に実施していく。

調査概要

(2021年10月調査について記載 ※過去調査もサンプル数・調査期間を除き同様)
調査地区:全国
標本抽出方法:住宅地図データベースから世帯を抽出し、個人を割り当て
調査方法:調査員による個別訪問留置調査
調査対象者:15〜79歳の男女 合計1156サンプル(人口構成比に沿って抽出)
※15〜59歳の男女 合計819サンプル(人口構成比に沿って抽出)
調査期間:2021年10月

過去の調査結果

2018年上期:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2315
2018年下期:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2018/2543
2019年上期:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/2819
2019年下期:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2019/3026
2020年下期:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3575
2021年上期:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2021/3830
※2020年上期は、緊急事態宣言中のため実施無

【プレスリリース】

【関連記事】

MMD

MMD-banner