LINEで売上拡大、Instagramでブランド認知 SNSプロモーション活用実態調査

【調査結果の概要】

■「SNS」をマーケティングに活用しているのは3割以上で、「メルマガ」を上回る

現在、マーケティング活動や販促活動に活用しているネット媒体として、「ホームページ」を挙げたマーケティング担当者が最も多く(67.9%)、次いで「SNS」(35.3%)、「メルマガ」(31.7%)、「ブログ」(20.4%)であった

※ 複数回答あり。
■売上拡大を目的に使うSNSは「LINE」、ブランド認知は「Instagram」

今後、マーケティング活動や販促活動に活用したいSNSとして、最も多くのマーケティング担当者が挙げたのは「Facebook」(21.7%)であった。

また、「販売促進・売上拡大」を狙う場合に使いたいSNSとして「LINE」を挙げるマーケティング担当者が最も多く(59.1%)、「ブランド・商品などの認知度向上」を目的とする場合は「Instagram」を挙げるマーケティング担当者が最も多い(45.5%)という結果になった。

※ 複数回答あり。
■今年のSNSプロモーション予算は「増やす」が3割で、「変化なし」と拮抗

マーケティング活動や販促活動で既にSNSを活用している担当者に次年度予算を聞いたところ、「2015年度と比較して、2016年度は増やすつもり」が30.8%、「2015年度とさほど変化なし」が29.5%で、「増やす」と「変化なし」が拮抗する結果となった。
■Twitter活用企業の4割以上が「ブランド認知向上」に効果を実感

Twitterをマーケティング活動や販促活動に活用している担当者が実感している効果として、「ブランド・商品などの認知度向上」を挙げる人が最も多く(41.3%)、続いて「情報を拡散できる力が大きいこと」(34.8%)、「ブランド・商品などのファン増」(30.4%)であった。

※ 複数回答あり。
■Facebook活用企業の半数近くが「集客」を期待するも、効果を実感しているのは2割

Facebookをマーケティング活動や販促活動に活用する目的として「集客」を挙げる担当者が最も多かったにもかかわらず(51.0%)、「集客アップ」の効果を実際に感じている担当者は19.6%にとどまった。

※ 複数回答あり。

出典:

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000156.000007597.html


この記事が気に入ったら
シェア・ブックマークしよう!