SEOで重要なページスピードが計測できるテストツール5選

seo-site-speed-test-article-eyecatch

みなさんもご存知の通り、多くの重要な検索エンジンのランキング要素の中にWebサイトのスピードがあります。Searchmetrics社のランキング要素レポートから上位トップ10のサイトは最もサイトスピートが速い事が分かっています。

本稿で紹介するツールの中には、日本語に対応してないツールもありますが、翻訳ツールなどを利用すればある程度理解できる範囲だと思います。

clip_image004

Mozは一般的なページのスピードではなく、重要であるのはTime To First Byteである事が分かりました。

Time To First Byteとは

TTFBとは「Time To First Byte」の頭文字をつなげた言葉で、「最初の1バイトが到着するまでの時間」を表します。この「最初の1バイト」とは、Webサーバーにリクエストを行なった際に「サーバーから初めて返ってきた1バイト」のことを意味しています。つまりサーバーがリクエストを受け取ってからデータを返し始めるまでの時間を計測することができる指標ということになります。(あなたのサイトは大丈夫?簡単手軽にサーバーのパフォーマンスを計測する方法 | Mobile First Marketing Labo

Pingdom

clip_image006

ページローディング時間に重きを置くツールです。

悪いものから良いものを要素とリスト形式でグレードでランク付けされます。

image

それぞれの要素では、拡大して推奨の対処方法を見ることができます。

GTmetrix

clip_image008

GT metrixは独自のスコアリングを行わない代わりに、GoogleページスピードテストとYahoo社のYSlowの結果を表示します。

image

結果は、独自のスコアリングとしてソートして閲覧することができます。

image

登録ユーザーはページローディングをビデオに記録することができ再生することもできる。

Google PageSpeed Insights

clip_image010

Google PageSpeed Insightは秒数で、絶対的なスピードパフォーマンスをレポートしません。相対的なページスピードを表示します。もしあなたのスコアが60点だった場合、他のサイトの60%より速いという事を意味し、他の40%のサイトはあなたのサイトより速いという事を意味します。

またGoogle Page Speed InsightはWebサイトがモバイルデバイスでどのように表示されるかをレポートします。またモバイルでどのようにレンダリングされるかも表示します。

image

 

フィードバックは、修正すべき項目を表示してくれます。

image

時々、推奨される修正項目が、他のルールと衝突している場合があります。例えば、ページにインラインでCSSを与えることが速度を上げることであると表示される一方、インラインでのスタイルに対して警告される場合があります。

Nibbler

clip_image012

スピードテストだけでなく、Webサイトの全体的な評価を計測してくれます。所定のURLの他に、5つのランダムなページをテストします。

image

Webpagetest

clip_image014

技術的なツールの一つです。Time To First Byteとそれをグレードにして表示してくれます。

speed-index

抄訳:Top 5 Website Performance Testing Tools

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

マーケティング・広告関連の人気書籍

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!