SEOにおけるアウトバウンドリンクペナルティを回避する方法

outbound link penalty image
あなたのWebサイトを示している質の低いリンクやスパムリンクがある場合に発生するリンクペナルティは、今や私たちのほとんどが知っていることでしょう。しかし、あなたのサイトから他のウェブサイトにどのようにリンクしているのかによって、Googleからペナルティを科せられることがあることをご存知でしょうか?これは、不自然なアウトバウンドリンクペナルティと呼ばれ、インバウンドリンクペナルティと同様に、部分的または全体的に適用される可能性があります。
 
アウトバウンドリンクとは
アウトバウンドリンク(OBL:OutBound Link)とは、自分のWEBサイトから外部のWEBサイトに向けて「出ていく」リンクのことを指します。逆に外部のWEBサイトから自分のWEBサイトに「入ってくる」リンクのことをインバウンドリンク(InBound Link)と言います。(出典:アウトバウンドリンク(OBL)とは
 
最近、私たちは新しいクライアントの監査を行い、Webサイトの特定のセクションで行われていたスパムのリンクをチェックしました。コンテンツの管理者が知らないうちに、ゲストブロガーが自分のサイトを指し示すリンクで大量のリンクと過剰に最適化されたアンカーテキストが含めていました。
 
これらのリンクを削除するための推奨項目は無視され、この問題の重大さを伝えようと努力しているにもかかわらず、優先順位は高くありませんでした。 その後、GoogleはPenguin 4のリアルタイムアップデートをリリースしました。すぐに、クライアントのWebサイトに手動によるペナルティが科されました。以下はGoogle Search Consoleのスクリーンショットで、部分的なサイトマッチの手動アウトバウンドリンクペナルティの概要を示しています。
 

outbound-link-penalty-google

 

manual-penalty-outbound-links

アウトバウンドリンクペナルティを回避する方法

ここでは、アウトバウンドリンクペナルティを回避するための方法を幾つかご紹介します:

  • スパムサイトや低品質のWebサイトにはリンクしないでください。
  • 既定でユーザー生成コンテンツ内のリンクをフォローしない、または単に許可しない。
  • リンクを手動でレビューして承認しない限り、あなたのサイトに公開されているゲスト投稿のコンテンツ内にリンクを許可しないでください。
  • 金銭、サービスのための商品、または相互リンクなど、何らかの報酬をあなたに提供しているサイトにはリンクしないでください。
  • サイトのコンテンツマネージャーに、リンク先のユーザーとリンク先を認識させるように指示します。
  • Googleのリンクスキームのリソースページを参照してください。

 

あなたがペナルティを受けた場合の対処方法

アウトバウンドリンクペナルティを受けた場合は、解決を容易にするために次の手順を実行する必要があります。

  • 外部のWebサイトを指しているサイトのリンクを特定します。 Screaming Frog(外部レポート)などのツールを使用して、アウトバウンドリンクを識別できます。
  • これらのリンクを監査して、Googleのガイドラインに準拠していないものを特定します。
  • 問題のあるリンクを削除するか、nofollowタグをリンクに追加してPageRankを通過させないようにします。

例: <a href=”signin.php” rel=”nofollow”>sign in</a>

  • Google Search Consoleで再審査リクエストを送信します。リンクの問題を取り除くためにWebサイトでどのような変更が行われたかを概説します。できるだけ詳細にして、これが再び起こらないようにするためにどのような措置を講じているのかを概説してください。

 

抄訳:How to avoid an outbound link penalty from Google

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

マーケティング・広告関連の人気書籍

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!