凸版印刷、GPS連動型コンテンツ配信プラットフォーム「ストリートミュージアム」を提供開始

GPS連動型コンテンツ配信プラットフォーム「ストリートミュージアム」画像

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、観光客が現地でスマートフォンなどの端末をかざすと、史跡や産業遺産などその場所ならではの情景を鑑賞できるGPS連動型コンテンツ配信プラットフォーム「ストリートミュージアム®」を開発。2015年10月中旬より本格的な販売を開始。


この記事が気に入ったら
シェア・ブックマークしよう!