Google社、モバイルフレンドリーの新しいテストツールを発表 2016年5月

モバイルフレンドリーの新しいテストツールの画像

Designed by Freepik

Google社は、新しいモバイルフレンドリーのテスト(診断)ツールを発表しました。Google Search Consoleかこちらのリンクからサイトのモバイルユーザービリティを診断できます。


モバイルフレンドリーテストのツール画面1

デスクトップ画面からテストをしたいサイトのURLを入力すると、ロボットではないことを証明するためのチェックをします。チェックをするとすぐにモバイルフレンドリーに対応しているかの結果が表示されます。

※iPhoneなどで、アドブロックアプリなどを入れている場合は、iPhoneからモバイルフレンドリーテストが出来ません。

screencapture-search-google-com-search-console-mobile-friendly-1463558449541

このシンプルなモバイルユーザービリティツールは、あなたのWebサイトがモバイルフレンドリーか、モバイルフレンドリーではないかを診断するために3つの実用的なステップに焦点を当てています。

  1. サイト全体のモバイル ユーザビリティ レポートを開く
  2. モバイル フレンドリー ページの詳細
  3. コメントや質問をディスカッション グループに投稿

 

Google Search Consoleを利用すると、Webサイト内の何が上手く働いていて、何がモバイルフレンドリーを妨げているかをさらに知ることができます。モバイルフレンドリーが検索ランキングにおけるシグナルとして大きな役割を果たしている今、常にモバイルユーザビリティを意識する必要があります。最新のモバイルフレンドリーアップデートに関してはこちらの記事を確認してください。

Webサイトがモバイルフレンドリー対応すると、Googleの検索結果の「スマホ対応」というラベルが付与されますが、Google社は以下をラベル付与の条件としています。

Googlebot によってクロールされ、以下の条件を満たしたページは、[スマホ対応] ラベルが適用される可能性があります。

  • 携帯端末では一般的でないソフトウェア(Flash など)を使用していないこと
  • ズームしなくても判読できるテキストを使用していること
  • ユーザーが横にスクロールしたりズームしたりする必要がないよう、コンテンツのサイズが画面のサイズと一致していること
  • 目的のリンクを簡単にタップできるよう、それぞれのリンクが十分に離れた状態で配置されていること

検索ユーザーがモバイル フレンドリー ページを見つけやすくするために|Google ウェブマスター向け公式ブログ

 

[モバイルフレンドリーテストはこちらから]

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

[参考]

Google Launches New Mobile Friendly Testing Tool

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!