LINEのクーポンはファッション購入ユーザーに効果的 ファッションコマース利用動向調査

ファッション購入時の情報収集は「スマホ」にシフト!20~30代女性が牽引 ファッションコマース利用動向調査

2016年4月7日、株式会社ジャストシステムより「ファッションコマース利用動向調査データ」が発表されました。

本調査データはBtoCのファッション・アパレル関係企業のマーケティング担当者、マーケティングコンサルタント、広告代理店の方がインプットしておくべき調査データになると思います。

要点は、20代〜30代女性の情報収集ツールのスマホへのシフトです。「LINEから届くクーポン」「ショップからのSNS」「アプリ」のマーケティングにおける重要性が高まってきているようです。

近年マーケティングオートメーションを活用したクロスチャンネルマーケティングの導入が進んでいますが、今後ますますマルチデバイス、チャネルを意識したマーケティング施策が必要になってくるでしょう。Webサイト、メール、SNS、紙媒体を縦割りで施策を行うのではなく、横串でどのように関連させていくか、またそれを可能にするための組織変革が今後の企業に求められます。

 


 

【調査結果のサマリー】
■20~30代女性を中心に、ファッションアイテムの情報収集は「スマホ」にシフト
1年前と比べて利用機会が増えたファッションアイテムの情報収集ツールは、「スマホ・タブレットのWebサイト」(36.6%)、次いで「スマホ・タブレットのアプリ」(26.5%)でした。ともに、20代女性と30代女性で利用機会が増えたと感じている人が多く、「スマホ・タブレットのWebサイト」は、20代女性の49.5%、30代女性の43.8%が、「スマホ・タブレットのアプリ」は、20代女性の32.7%、30代女性の33.7%がそのように感じていることがわかりました※1。

■女性が最も反応する通知は、「LINEに届くクーポン」
ショップなどから送られてくる情報のなかで、女性が最も反応するものは「LINEに届くクーポン」(28.1%)、次いで「郵送物(カタログ、DM)」(26.1%)、「スマホに届くプッシュ通知」(22.9%)でした。意外にも、カタログやDMといった紙媒体の郵送物も効果が高いことがわかりました※2。

■20代女性は購入検討時、「ショップからのSNS投稿」に影響を受ける
1年前と比べて、ファッションに関して影響を受ける人や情報に変化があったかを聞いたところ、「街中の素敵なディスプレイから影響を受ける機会が増えた」(13.9%)と回答した人が最も多い結果となりました。
20代女性に限ってみると、「好きなブランドやショップのニュース」(29.7%)や「好きなブランドやショップからのSNS投稿」(26.7%)から影響を受ける機会が増えたと答える人も多い一方で、「街中の素敵なディスプレイ」(29.7%)や「街中のおしゃれな人」(25.7%)から影響を受ける機会が増えたと答える人も多く、リアルに実物を使ってコーディネイトされている媒体や人を参考にする人も多いようです※1。

■ファッションアイテムを「アプリ」で探す20代女性は、過半数が「フリマアプリ」を利用
「アプリ」で購入するファッションアイテムを探す20代女性のうち、「総合ショッピングモール(楽天、Amazonなど)の公式アプリ」を利用する人が最も多く(70.0%)、次いで「フリマアプリ」(55.0%)でした※2。
20代女性は、1年前と比べてアイテムの購入機会が増えた場所としても「フリマアプリ」を挙げる人が他の年代より多く(18.8%)、「フリマアプリ」を積極的に活用している人が多いようです※1。

※1 「1年前よりも増えた」「どちらかというと増えた」の合計。
※2 複数回答あり。

詳細の調査結果レポートは、「Marketing Research Camp」(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード可能です。

ファッション購入時の情報収集は「スマホ」にシフト!20~30代女性が牽引

 

 


 

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!