Eメールの件名を最適化 – 統計データとトレンド[インフォグラフィック]

Eメールマーケティング

EメールマーケティングにおいてはEメールの件名は非常に重要になります。なぜなら、購読者がメールを開けるか、開けないか、または迷惑メール報告をするのかを判断するのはEメールの件名になるからです。本稿では、Invesp Consultingが紹介するEメールの件名における統計データとトレンドは、Eメールコンテンツ制作を行う関係者(メルマガ担当者やEメールマーケティング担当者)のみなさまに役立つデータになると思います。インフォグラフィックは英語になっていますが、日本語の解説も加えています。

Email Subject Lines Statistics and Trends

Infographic by- Invesp Consulting

Eメールの件名に単語の数による開封率

下記データは英語におけるワード数となっていますが、1ワード=5文字とされていることから、30文字〜50文字が最も開封率が高いというデータになります。

ワード数 開封率
0-5 16%
6-10 21%
11-15 14%
16-20 12%
21-25 9%

 

Eメールの件名に購読者名をいれた時の開封率

件名に名前が入っていると、開封率が高くなるというのは国内においても認識されているEメール配信担当者も多いと思います。ツールやプラットフォームの独自スクリプトで件名に名前を自動で差し込む機能がついていたりしますので、この施策を行った事がない人はぜひ一度試してみてください。

名前の有無 開封率
名前有 18.30%
名前無 15.70%

 

その他のEメールの件名に関する統計データ

・Eメールの件名に「ニュースレター」と記載されている場合は、開封率が18.7%減少した。

・Eメールの件名に「無料」と記載されている場合は、そうでない場合と比較して、開封率が10%向上した。

 

件名以外にもプリヘッダーテキストを件名の補助として活用するEメールマーケティングメソッドもあります。こちらの記事も参考ください。

プリヘッダーテキストを活用したメルマガ施策で開封率向上を図りましょう

この記事では、プリヘッダーテキストとは何か?そしてなぜプリヘッダーテキストを活用する必要があるのか?効果的なメールマーケティング行う上でどのような点を意識する事必要があるのか?について解説しています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!