ウェブマーケティングのカスタマージャーニーを可視化し評価する、アドエビスの新サービス「カスタマージャーニー分析機能」先行利用モニターの募集開始

ウェブマーケティングのカスタマージャーニーを可視化し評価する、アドエビスの新サービス「カスタマージャーニー分析機能

株式会社ロックオンは、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の新サービスとして、ユーザーの行動履歴(カスタマージャーニー)を可視化し評価する、「カスタマージャーニー分析機能」の先行利用モニターを20社限定で募集を開始した。

「カスタマージャーニー分析機能」の詳細・先行モニターのお申込み・お問い合わせはこちらから可能
http://www.ebis.ne.jp/customer_journey/

■リリースの背景
近年、デジタルマーケティングは、購入意欲の高い「顕在顧客」向け施策から、オウンドメディア等を活用した購入意欲の低い「潜在顧客」向け施策へとシフトしている。潜在顧客向けのマーケティングでは、成果に至るまでの時間が長期化し、複数のマーケティング施策を経由することから、従来の施策単位の評価では十分とは言えない。
この課題を解決するため、アドエビスでは、単一の施策ごとに評価するのではなく、顧客の認知から成果に至るまでの複数の施策を並べた“フロー”いわゆる「カスタマージャーニー」を可視化し、潜在顧客層向け施策を簡単に比較し正しく評価できる「カスタマージャーニー分析機能」をリリースした。

■サービスの概要
本機能では、カスタマージャーニーの中から一つのマーケティング施策に絞り、その施策に接触したユーザーが、接触しなかったユーザーに比べてどのくらい変化があったのかを、成約率や平均売上額など複数の指標で評価することが可能になる。
これまでは潜在顧客層向け施策を実施しても、刈り取り型広告と同指標(CPA)で成果を見ていたため、効果が可視化出来ていませんでしたが、カスタマージャーニー分析機能を使うことで、例えば、動画広告を経由したフローとしていないフローを比較することで成果が正確に確認できるなど、今までは複雑で分からなかったマーケティング施策の評価を明らかにすることが可能になる。

<マーケティングの変遷>
【過去の施策評価】
SEMを中心とした刈り取り型マーケティングが主流。指標はCPA評価で、ラストクリックのみ評価

【現在の施策評価】

潜在顧客層向け施策も実施されアシスト広告の評価も行われるが、指標は刈り取り型と同様のCPA評価

【これからの施策評価】

潜在顧客層向け施策は、「育成=フロー」で適切に評価

■MarkeZine Day 2016 Springにも登壇
また、2016年3月3日(木)に開催される「MarkeZine Day 2016 Spring」に、当社マーケティングプラットフォーム営業運営本部 コンサルティングサービス部 課長でありコンサルタントでもある足立が、「時代は“施策・媒体評価”から“オーディエンス評価”へ。『獲得施策依存のマーケティングから抜け出す方法』」とその事例を初公開」と題して、セミナーに登壇する予定。
本講演では、「カスタマージャーニー分析機能」の初公開とともに、これらを解き明かした手法と事例を紹介すると発表している。

「MarkeZine Day 2016 Spring」特設ページ
http://event.shoeisha.jp/mzday/20160303

■「アドエビス」について
「アドエビス」は、広告効果測定システムを中心とした「測定」機能と、そこで蓄積されたマーケティングデータを「活用」する機能の2つの機能により、企業と消費者のコミュニケーションを最適化することを目的とした、ロックオンが開発・提供するマーケティングプラットフォーム。

■関連サイトURL
マーケティングプラットフォーム「アドエビス」:http://www.ebis.ne.jp/

■関連書籍

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!