「売れない」を「売れる」に変える、言葉選びのコツと考え方

その言葉で損していませんか?

 コピーライティングというと、消費者の心理を深く理解し・・・市場や競合の動きをリサーチし・・・自分の商品やサービスの魅力が100%伝わるように表現し、最終的には購入・申し込みという行動を取ってもらう技術・・・というように、非常に奥深く、高いスキルの要求される仕事だと思っていませんか?

それも間違いではありません。

ただ、その反面ほんの少しの事で効果が出るような、「コツ」のようなテクニックも、コピーライティングにはあるのです。今回はそのような、ほんの少しの工夫で反応をあげられる、魔法の言葉をお伝えします。 

ほんの少しの事で反応が上がるということは、ほんの少しの事で反応を損しているということもありえますので、自分でコピーライティングをしている、という方は気をつけてみてくださいね。 


この記事が気に入ったら
シェア・ブックマークしよう!