投資をネタにした「読ませる記事」の書き方[金融機関のためのコンテンツマーケティング特集 その6]

良い記事のライティング方法

日本では、子どものころから金融教育がされてきていないので、マネーに関する知識が乏しい人がほとんどです。バブル期に投資や不動産売買で失敗した世代などを中心に「お金の話は怖い」というイメージが先行して、耳を貸そうとすらしない人もいます。
そうした人々に向けて、金融機関はどのようなコンテンツ提供をしていくべきなのでしょうか。

金融知識×コンテンツ力

金融機関の顧客は、すでに投資になじみのあるセミプロ層から、マネーに関する関心が芽生えた程度のビギナー層まで、幅広いターゲットを顧客として抱えています。オウンドメディアの運営をはじめとするコンテンツマーケティングは、企業側の一方的なメッセージを伝える広告宣伝や、ダイレクトメールなどと異なり、顧客の知識や興味関心のレベルに合わせて、適切なタイミングで適切な内容の記事を提供していく必要があります。
そのためには、金融に関する専門知識だけでなく、それぞれのレベルに応じたコンテンツの企画や、記事の書き分けといったライティングのスキルも必要です。

ターゲットに「自分ごと」化させる記事が重要

コンテンツマーケティングでは、記事を読ませることで、ターゲットに「自分ごと」化させなくてはいけないので、コンテンツ力が重要となります。読んでわからない、面白くない記事は、いくら提供しても見向きもされませんし、ソーシャルメディアでのシェアやウェブサイトへの流入といった二次的な効果も見込めなくなり、徒労に終わってしまいます。

「読ませる文章」で最初の一歩をひらく

マネーに関する知識の乏しい人にとって、投資は「すごく難しい」というイメージがあります。

まず、第一歩となる最初の理解を深めるのが難しいのは、ファンドでもFXでも証券でも一緒です。

そこを「読ませる文章」というコンテンツ力で乗り越えさせることが重要であり、それが投資系商品を取り扱っている金融機関のコンテンツマーケティングのポイントになります。

金融機関のためのコンテンツマーケティング特集連載ページはこちらから

※本記事は株式会社デファクトコミュニケーションズ様より提供いただいた寄稿記事になります。


この記事が気に入ったら
シェア・ブックマークしよう!