ランディングページにおける効果的なコールトゥアクション(CTA)の作り方

calltoaction

コールトゥアクションとは、簡単に言えば「行動喚起」という意味である。主にWEBマーケティングの世界では、WEBサイトやオンライン広告、Eメール、ソーシャルメディア広告等でのお問い合わせボタンや資料請求ボタンの事を意味します。

もし、みなさんのサイトにコールトゥアクションボタンが設置されていないのであれば、それは得ることのできるはずの利益を逃している事と同じである。コールトゥアクションボタンは、WEBサイト運営者が読み手に正しいアクションを教えるものとなる。そして興味をそそるコピーライティングができていれば、読み手はなんの問題もなく希望どおりのアクションを起こしてくれます。

コールトゥアクションを制作する際にコンバージョンを意識する事は必要であるが、怪しい売り込みにならないように気をつけなければならない。今回は、新規顧客、メールマガジン購読者、ブランドアンバサダーになってもらうためのコールトゥアクションの作り方を紹介します。

※ブランドアンバサダーとは簡単に言うと、オンライン・オフラインに関わらずブランドを広める役割を果たす人を指します。

さらに先のユーザー体験をイメージさせる

例えば、あなたが、車両のオイル交換に関するeBookの購入を促進していて、車両のための定期的なオイル交換の重要性についての記事を書いたとしましょう。その記事の最後に、「オイルチャージに興味のある人は、ここをクリックしてeBookを購入しよう!」というコピーを書くでしょう。間違いではありません。ただし、「オイルチャージマスターになりたい方は、こちらをクリックしましょう!と添えるとさらに良い結果を得られるでしょう。

この方法がもし好きでないのであれば、次は読み手にまるで友人であるかのように語りかけてみよう。この方法も、eBookを購入し読了した後の読み手の期待する事を正しく伝える事ができます。そして最後に、このような良いユーザー体験を持つ方法は、アクションを起こすために魅力的で説得力のある理由を伝える事ができます。

 

方向性を示す

インターネットの上の大部分の人々は、Eメールをチェックしたり、ウェブサイトをサーフィンしたり、ソーシャルネットワークを利用する事に多くの時間を費やしています。 同時に、インターネット上でコンテンツを読んだあと、どのように問い合わせや資料請求を利用するべきかを知ることに時間をかけたくないという事です。だからこそ、どこでクリックするべきかについての的確な指示を読み手に提供する事が転換率の増加に大きく影響します。

 

大きく、そして目立つように

ちょうどあなたのページをざっと読んでいる読者に惜しまれるという事がないように、コールトゥアクションがそれまでのコンテンツを卓越していることを確認しよう。実際、読者がページに達するとすぐに、目を引く良いコールトゥアクションは、それより前の内容に、興味を惹かれる事に気付くかもしれません。

あなたは、単にテキストサイズを大きくしたり、ユニークなテキストフォントに変えたり、またコンテンツの下のコールトゥアクションボタンをデザインしたりする事ができます。これらの方法はコールトゥアクションボタンが、それ以前のコンテンツで埋もれてしまわないようにするのを避けるために必要になってきます。

 

短く、そしてシンプルに

コールトゥアクションが売り込みのようにならないためには、短く、そしてシンプルにする事が重要です。すでにコールトゥアクションボタンにたどり着いている時点では読者は、そのアクションを起こす事によって得られるベネフィットを理解しているはずなので、ボタンに関しては、短く、そしてシンプルに表記する事が、コンバージョンの向上へ繋がります。

コールトゥアクションを作る際は、ターゲットとなる読者の生活や思考習慣、特性を想像しましょう。アクションに繋がるために読者がより興味がある内容を含める事はある意味、Webサイト運営者の責任でもあります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

マーケティング・広告関連の人気書籍

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!