ランディングページにおける効果的なコールトゥアクション(CTA)の作り方

calltoaction

コールトゥアクションとは、簡単に言えば「行動喚起」という意味である。主にWEBマーケティングの世界では、WEBサイトやオンライン広告、Eメール、ソーシャルメディア広告等でのお問い合わせボタンや資料請求ボタンの事を意味します。

もし、みなさんのサイトにコールトゥアクションボタンが設置されていないのであれば、それは得ることのできるはずの利益を逃している事と同じである。コールトゥアクションボタンは、WEBサイト運営者が読み手に正しいアクションを教えるものとなる。そして興味をそそるコピーライティングができていれば、読み手はなんの問題もなく希望どおりのアクションを起こしてくれます。

コールトゥアクションを制作する際にコンバージョンを意識する事は必要であるが、怪しい売り込みにならないように気をつけなければならない。今回は、新規顧客、メールマガジン購読者、ブランドアンバサダーになってもらうためのコールトゥアクションの作り方を紹介します。


この記事が気に入ったら
シェア・ブックマークしよう!