マクロミル、2016年スポーツマーケティング基礎調査を発表

2016年10月20日、株式会社マクロミルと、三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社は、共同企画として「2016年スポーツマーケティング基礎調査」を実施し、速報結果を発表した。

【調査結果概要】
■ スポーツ参加市場規模は約2.4兆円に縮小。「観戦」「施設利用・会費」市場の減少による
■ スタジアム観戦の支出額:年間29,471円で、昨年より9.1%減
■ スポーツ関連メディア市場は1,971億円で、昨年より6.1%減
■ 最も好きなスポーツは野球。サッカーがやや持ち直す。テニス人気は継続
■ スポーツブランドでは、海外での人気が高まっているアシックスが日本ブランドでのトップを堅持
■ 好きなスポーツ選手は13年連続でイチロー選手が1位。2位はテニスの錦織選手
■ プロ野球ファン人口は2,747万人に減少、サッカー日本代表のファンは3,017万人で減少傾向続く
■ プロ野球リーグ優勝チームのファン人口が伸びる
■ リオオリンピックで一番印象に残った競技は「体操」
■ 4年後の東京オリンピックで一番期待しているのは「開会式/閉会式」

本調査は、全国15歳(中学生を除く)~69歳の当社の調査専用パネルに対して実施し、男性1,000名、女性1,000名、計2,000名の回答を回収〔調査期間:2016年9月16日(金)~9月19日(月)の4日間〕。本調査は2004年から始め、今回で13回目。
調査レポートはこちらのPDFで詳細が確認できます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

マーケティング・広告関連の人気書籍

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!