流行に敏感な人ほど、「レビューが充実」しているサイトを利用 アイテム別“ECサイト選択基準”の実態調査

2016年10月20日、株式会社ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」で、ネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した『ECサイト選択基準に関する実態調査』結果を発表した。本調査は、直近1年間にECサイトでファッションアイテムを購入した20~50代の男女1,104名を対象にしている。
また、集計データとしてまとめた全63ページの調査結果レポートを、「Marketing Research Camp」(https://marketing-rc.com/report/)から、無料でダウンロード提供。

 

【調査結果の概要】
■靴の購入サイトを、男性は「価格の安さ」、女性は「品ぞろえの豊富さ」で選ぶ
ECサイトで靴を購入したことがある人は54.7%(男性54.2%、女性は55.1%)でした。靴を購入するサイトは、男性は「価格の安さ」(50.1%)、女性は「品ぞろえの豊富さ」(51.0%)を最も重視して選んでいることがわかった※1。

■流行に敏感な人ほど、「レビューが充実している」ECサイトを利用
いずれのアイテムの場合でも、「流行を取り入れている」人は、「流行を取り入れていない人」に比べて、「口コミやレビューの充実さ」を重視して、購入先となるECサイトを選ぶ傾向にありました※1。具体的には、「バッグ」を購入する際、口コミやレビューを重視してECサイトを選ぶ人は、「流行を取り入れている人」のうち23.7%に対し、「取り入れていない人」の場合は13.1% ※2。

■礼服を購入するECサイトは、男性は「サイズ展開」、女性は「品ぞろえの豊富さ」が決め手
ECサイトで、「礼服(ブラックフォーマル)」を購入したことがある人は10.0%(男性は8.5%、女性は11.3%)。購入するECサイトを選ぶ際、男性は「バリエーション豊かなサイズ展開」(25.0%)を重視する人が最も多く、女性は「品ぞろえの豊富さ」(34.1%)※1。

■ファッションに興味がない人のビジネススーツ購入サイト選びは、「低価格」「短納期」を優先
ビジネススーツを購入するECサイトを選ぶ際に重視する要素として、ファッションにこだわりがある人は「品ぞろえの豊富さ」(28.1%)を挙げた人が最も多く、次に「専門性の高い商品力」(27.2%)、「価格の安さ」(25.9%)。一方、こだわりがない人は、「価格の安さ」(31.0%)を重視する人が最も多く、次いで「短納期(即日・翌日配送)」(23.8%)、「バリエーション豊かなサイズ展開」(21.4%)※1。

■20代女性の6割以上がスマホで購入し、半数は「カートに入れてもすぐには買わない」
20代女性は、ファッションアイテムをECサイトで購入する際、「スマートフォンのブラウザ」(64.7%)や「スマートフォンのアプリ」(54.7%)を利用する人の割合が、男性や他の年代の女性に比べて突出して高いことがわかった※1。
また、女性の50.7%は商品をカートに入れたタイミングで購入していましたが、「数日間検討」(16.6%)や「セールの時期を待つ」(10.4%)など、49.3%は時間を置いて購入していた ※1。

提供元:購入先の決め手は?「アイテム別“ECサイト選択基準”の実態調査」【ファッション編】

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

マーケティング・広告関連の人気書籍

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!