GMOクラウド:大容量ファイル送信用クラウド型メールゲートウェイ「シンプルメール byGMO」を提供開始

GMOインターネットグループのGMOクラウド株式会社(代表取締役社長:青山満 以下、GMOクラウド)は、大容量ファイル送信用クラウド型メールゲートウェイ「シンプルメール byGMO」を、本日2015年11月5日(木)より提供を開始。

「シンプルメール byGMO」とは、大容量ファイルでも「メールにファイルを添付して送信」するだけで、「添付ファイルのWebアップロード」「ダウンロードURL通知」「パスワード通知」の一連の作業が完結できるクラウド型メールゲートウェイです。現在ご利用中のメールサーバーを「シンプルメール byGMO」に繋ぐだけで利用を開始することが可能になった。

——————————————————-
【「シンプルメール byGMO」について】
https://mail.appscloud.jp/feature/
——————————————————-
GMOクラウドは、クラウド・ホスティング提供会社として、13万を超える法人の顧客のサーバーを運用。
データのやり取りでのメールの使用が一般的となった昨今、「急いでファイルを送信したいのに、添付ファイルの容量制限で送信できない」といった悩み多いとの事。また、情報流出を防ぐセキュリティの観点から、ビジネスにおいてはファイル自体にパスワードをかけることが求められ、「パスワードの保護・共有、アップロードなど手間がかかる」といった声も、GMOクラウドの顧客から多く寄せられている。
そこでGMOクラウドは、これまで提供してきたインフラ基盤の強みを活かし、メールを送るだけで「添付ファイルのアップロード」「ダウンロードURL通知」「パスワード通知」の一連の作業が完結する、大容量ファイル送信用クラウド型メールゲートウェイ「シンプルメール byGMO」を開発。

特長1:添付した大容量ファイルを自動でWebへアップロード

送信されたメール本文と大容量の添付ファイルは、自動で切り離されて添付ファイルのみWebサーバーへ自動アップロードされます。その後、ダウンロードページURLとパスワード通知は、送信者と受信者へ別便で送られる。送信者はメールにファイルを添付して送信するだけで、以降は全て自動で行われるため、ファイルの容量を気にせず、安全かつ簡単にデータを送信することが可能。

特長2:ドメイン単位でご契約

「シンプルメール byGMO」は、ドメイン単位での契約のため、ユーザー数は無制限に利用可能。そのため、ユーザー数の増減に伴った契約手続きの発生や、社内稟議の上程などの面倒な手間はかからない。

特長3:ご利用中のメールサーバーのまま使える

契約後は、メールサーバーを変更する必要はなく、システム担当が利用のメールサーバーにリレー設定で繋ぐだけで利用可能に。

参考:PR TIMES

GMOクラウド:大容量ファイル送信用クラウド型メールゲートウェイ「シンプルメール byGMO」を提供開始

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Sponsored

記事が気に入ったらシェアしよう!